教授回診のある秘密

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある大学病院には週に一度特診日がある。これは、教授が外来診察する特別診療日のことで、午前中に病棟の回診をし、午後は5時半まで予約のみの患者を受けつけるものである。あれが教授の仕事?たまたま内科診察室を通りかかった、新人薬剤師のMさんは目が点になってしまった。Mさんが見たのは、特診日の内科診察室で、どこかのおばあさんが嫁の悪口を言っているのを、教授が親身に聞いてやっている姿であった。なんでこんなところでグチ話なんかにつき合って、とMさんはびっくり。

さっそく看護婦にたずねると、ああ、あれ、教授のお仕事よ。特診日はああいうのばっかりなんだからとの答えが返ってきた。ところが、Mさんが薬局に戻ると、もっとおどろいたことがあった。さっきのおばあさんに出された薬、これがなんとプラシーボだったのだ。プラシーボとは、たとえば乳糖などを薬の形にしたもの。つまり、これといって病名のつかない、治療する必要のない患者に処方する、ウソの薬である。とくに教授のお墨つきとくれば、頭痛が治り、食欲も出て、といった具合にちゃんと効能がある。

いわゆる気の病用のお薬

そういえば、この特診日に、薬局でやたらと出る薬がこれなのだ。いわゆる気の病用のお薬というわけである。このウソの薬が患者には効果テキメンなのだ。考えてみれば、教授とはその大学病院の、いわば顔である。病院の評判なんて、教授の人気ひとつにかかっていると言ってもおかしくない。まだまだ、病院の世界の機微を知らないMさん、教授とニセ薬の意外で重要なお役目に、ようやくナットクしたのであった。実は特診日、の予約は圧倒的にお年寄りが多い。

彼らの多くは実際、大した病気ではなく、ただ教授に診てもらうためだけのために、少し高い診察料を払っているのである。そして一度でも教授に話を聞いてもらい、教授から声をかけてもらう、たったそれだけで気の病はあっという間に完治するのである。それにしても、週に一度、せっかく教授に診てもらうというのに、薬学的には治療効果のまったくないニセ物の薬を出してもいいもんだろうか、そうMさんが思うのも無理はないだろうが、教授の役割は、やはりかなり大きいのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

地域に安定した医者を供給するためという名目

ある専門家は語る。民間の人材派遣会社が、自分のところに人が足りなくなったからといって、お客様である派

記事を読む

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、

記事を読む

no image

医師の評判が分からないときに自分で見て判断する方法

変わりないですか?は、高血圧などで長期間ずつと通院している患者に対して言うコトバ。このコトバの裏には

記事を読む

no image

治療を受ける際にあいさつをしたほうがいい理由

病院は、ほぼすべての職業の人が訪れますから、びっくりするような発見があるようです。学校の先生が遅刻魔

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

ムンテラとは?その意味と他にも医学用語を色々紹介

・麻薬 病院で何のために使うのかというと、もちろん闇で売って大儲けするためではない。ガンの末期

記事を読む

no image

医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医

記事を読む

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の

記事を読む

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑