教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開催者は知るべきであるという意見は多い。教授になれば次の名誉は、自分の専門分野の学会の会頭と呼ばれる、学会開催の責任者に握ることである。有名学会の会頭を一度はやりたいと思うのが主任教授である。実際にはそれほど研究実績がなくても教授になった人は多い。とくに新設医科大学創設期では、最初の講座は公募で教授を集めていないので、病院開設者の力で教授を作ることができた。

教授になっても研究の先頭に立ちばりばりと研究をしている教授もいる。しかし、そうでない教授もいるらしい。教授になった段階でほとんど研究から手を引いてしまうから、実際の研究をよく知っているのはむしろ部下のほうである。となれば、開設者の人脈で研究業績のない教授が、主任教授となってしまうことも起きたようだ。そういう主任教授が学会の会頭などに当たれば、医局員が懸命に演題の内容を考え、殿様である主任教授の名誉を守らねばならない。

学会運営には金がかかる。会場費、人件費、抄録集作りなどだ。しかし、そこには学会からの援助はほとんどなく、開催する側が資金を調達に行かねばならない。いままでは学会を開催する側のメリットが大きかったために、問題にならなかったようだ。

大学病院の教授が自ら寄付を募る

余った資金は、開催していた教授のふところに入るようだか、医局で研究費として使ってしまうことが多かったらしい。その原因は製薬会社からの多額の寄付があったからだ。

主任教授は部下が作ったスライドと原稿をただ棒読みすることになるから、場内から質問が出ても、その主任教授は答えられず、共同研究者が教授をかばうように発言するらしい。研究をろくにしていない教授が会頭に指名されれば、最大の被害者は部下たちだろう。そうまでして欲しいのが、学会の会頭という名誉なのかもしれない。

さすがに景気が悪くなり、いまや学会を開催する大学病院の教授が自ら寄付を募るために、製薬会社の幹部に挨拶に行く時代になった。それくらい学会運営は厳しくなってきている。製薬会社からのバックアップが減ってしまえば、かなりの学会運営が厳しくなるのは目に見えている。でも、それはそれでいいのではないだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

マイコプラズマ肺炎をトリコモナス肺炎!?恥ずかしい間違い話

・気づけば赤面、言って大ハジ、横文字病名にご用心 小学生ぐらいの子どもを持つ親ならだれでも知っ

記事を読む

no image

ITの次にくるのはBT(バイオテクノロジー)だといわれている

日本の教育は、カリキュラムが一貫したプログラムになっていない。次の二年間が、臨床といわれる、いわゆる

記事を読む

no image

学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければ

記事を読む

no image

実際には医師と看護師の恋愛というのはあまりないらしい

病院もののドラマって多いですよね。必ず登場するのが医者とナースの恋愛。ドラマでは、実際の病院よりも、

記事を読む

no image

虫垂炎とはアッぺとも言う-世間では俗に盲腸といわれている-俗語集

・アッぺ 日本語訳は虫垂炎であるが、世間では俗に盲腸といわれている。しかし、盲腸という言い方は

記事を読む

no image

医学部の過去問-やってできないところを分ける

最後の模試でE判定から受かる人がいるのも、まぐれとか、たまたま相性のいい問題が出たということ以上に、

記事を読む

no image

外国の病院の年間手術件数のスタンダードは一〇〇件

経験が多いほうがトラブルの経験も多くなるので、その対処が容易になるというメリットがある。規定外のこと

記事を読む

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

~大病院の三分診療のカラクリ~ 三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっ

記事を読む

no image

若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長

記事を読む

no image

マジでやばい開業医-善し悪しの具体的な見分け方

よい開業医の見分け方には色々あるが、ここではよい開業医の見分け方を紹介していこう。 よい開業医

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑