教授は給料が安いからアルバイトをしているって本当?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

選ばれた能力ある医者にしては、給料が少なすぎるといわれる教授。高給取りと信じられている教授だが、一般エリートに比べて給料は低いという。本来はエリートであり、開業すれば八倍くらいの収入を得ることができるのに、これではあまりに安いといわざるを得ない。教授は会社でいえば部長クラスであるそれなのに、月六十万前後の給料しか手にできないのだ。

その月給の低さは、製薬会社との癒着など、他の方法で補うのが当たり前のようになってしまう。医学は金など関係ないといわれてしまえばそれまでだが、主任教授という重い責任の割にはあまりに安い給料なのは間違いない事実である。しかし、その少ない給料でも教授を辞めないのは、仕事のやりがいもあるだろうが、他の収入も期待できるからだ。病院側もそのことを十分知っているから、給料がいまの程度であっても教授は辞めないと踏んでいるのだ。

本当に給料だけをみると、教授という職はむしろ気の毒といわざるを得ない。教授といえども週に一日あるいは半日、自分の病院以外でアルバイトを行なっているのが普通だ。教授という肩書きのわりに、給料の額では助教授との差はあまりなく、あくまでも勤続年数に応じて給与体系が決まってくる。そのためにアルバイトに頼らざるを得ないということだ。

病院側としては教授の給料を低く抑えたい

本来は大学病院の給料だけで、生活が保障されるべきだろうが、病院側としては教授の給料を低く抑えたいということがあり、こういったアルバイトを黙認しているらしい。このアルバイトがなくなると教授といえどもかなり厳しいようだ。当然、主任教授ということでアルバイト収入はかなりの金額になる。この収入があるからこそ、大学病院の安い給料に甘んじているということになる。

とくにその傾向は古い歴史のある医学部ほど、非常に効率のいいアルバイト先を持っており、教授はちょっと顔を出すだけで終わってしまい、そのかわり他の日に自分のところの医局員を安く派遣するということになる。

しかし、問題は教授の仕事にもある。アルバイト先の仕事はあくまでも教授にきていただいているいう意味合いが強く、たくさんの外来を診るというより、医学部教授の肩書きを利用して、仕事はほとんどしないが給料だけを受け取っていることもある。アルバイト先の会社のなかにある診療所で、態度が横柄な教授のときは患者がいやがって受診せず、一所懸命に仕事をする医局員の日に混雑するということもあるようだ。だが、以前ほど、教授だからといって特別養待遇をしなくなり、教授のアルバイト収入も減ってきているという。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代の

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

no image

診療点数の稼げるものと稼げないもの

稼げる診療、稼げない診療というものがあるのをご存知だろうか?同じ病院の診療でも、稼ぎやすい診療と、あ

記事を読む

no image

リウマチの症状は接骨医院、ハリ治療、漢方薬では治らない

ある女性が、リウマチにかかったが、数年前から病院に通っているけど、いっこうによくならないの。大学病院

記事を読む

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気

記事を読む

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな

記事を読む

no image

メディカルモールといわれる病院ビルはどうなのか

開業するよりはるかに収入が少なく、夜中の勤務など忙しいことの多い中小病院(とくに地方の)がますます医

記事を読む

no image

病院船とは災害時に有効な動く施設

災害時に病院が機能しなければ、助かるはずの人命が多数失われてしまいます。また大都市で震災が発生したら

記事を読む

no image

手術用メスが飛ぶとき-上司の研修医への扱いはヒサンなものだった

たとえ見習い期間中であろうと、人の命を預かることにかわりはないのだから、ミスは絶対に許されない。ふつ

記事を読む

no image

病室に騒音が響いて寝れないときの対処法

ただでさえ雑音の多い夜間の病院です。たとえば、急に容体が変わった患者さんがいれば、当直のナースやドク

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑