教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが、実際はちょっと違うようです。入院した経験のある方に聞くと、あの教授(回診っていうのは、イヤだったな。医者が大勢ぞろぞろ入ってきて、まるで見せ物みたいで恥ずかしかったなあ。逃げたかったよとおっしゃいます。なにしろ回診は、患者さんに大変に不評のようです。

たいてい週に一度、教授または部長、院長などが管轄下に入院しているすべての患者さんを診て回ります。医者の間でも、あ〜あ、火曜日は午後に教授回診があって、サボりたいけれどサボれないし、なんて、ため息をついているようです。ほかの医者はいっしょにくっついて病室をうねり歩くわけです。

教授は患者さんの体の様子を観察したり、その場でできる検査をしたりします。そして、そろそろ、二度目の脳のCTを撮るように、というような一言アドバイスをしてくれます。それぞれの患者さんの前で、担当の医者が教授に、〇〇さん、50歳、脳出血による右半身麻痺の患者さんです。発症は5月4日。などと病気の状態、検査結果、治療方針などを説明します。前もって別室で、それらの説明を済ませておく病院もあるようです。

回診時に突然いい出す人がいる

患者さんの中には、今まで一度もいわなかったこと。たとえば、きのうから、肩も痛いんですけど、などと、回診時に突然いい出す人がいます。そうすると担当医はあわててしまいます。キミ、患者さんをきちんと診ないと困るんだよね。いったい、何してるのかねと、教授は不機嫌になります。担当医はダメ医者のレッテルを触られることになります。回診日は医者にとつてもドキドキハラハラの日なのです。

ときには、なに、まだCTとMRIがそろっていない?なにグズグズしてるのかね。しっかりやらないとダメだよと、お叱りを受けることもあるようです。医者もみんなの前で叱られるわけですから、ときには赤面ものです。患者さんの手前も格好悪いったらありゃしません。

そればかりか、回診は何時間もかかるようです。その間はずっと立ちっぱなし。体力的にも精神的にも、つらくて途中で逃げたい心境になってしまうようです。もちろんベテランの教授や助教授など、何人もの医者で診ると、見落としていたことに気づいたり、よい提案がなされることもあるようです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院の診療科について-何を専門にしているのか分かりにくい

専門と思われる診療科について触れましょう。一般の方にとって、診療科名を読んだだけでは何を専門にしてい

記事を読む

no image

日本の医療制度の問題点について

医学の最先端の研究の重要性は論を待たないところです。しかし、現在では臓器別医学の限界、来るべき高齢化

記事を読む

no image

医師になるための条件が欠如している今の若者の傾向

人を愛し、救おうとする医学の道に、人間嫌いの学生が入ってきたらどうなるか。医者は科学者であり、人体の

記事を読む

no image

後期高齢者の医療費の自己負担割合など

医療費を、これまでは自分が入っている保険(国民健康保険や、まだ会社に雇われている人は組合健康保険など

記事を読む

no image

病院にやってきたホームレスに苦戦した医師たち

年齢不祥、髪は脂とホコリでべとべと、おまけに目にツーンとくるほどの異臭を漂わせた、典型的なホームレス

記事を読む

no image

ハルンカップとは健康診断の尿検査で使う紙コップのこと-用語集

・ビーエスティー(BST) 医学部の学生を病棟で教育することをBSTといい、内容的には患者の診

記事を読む

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔

記事を読む

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカル

記事を読む

no image

医者不足とよくいわれているが本当のところはどうなのか

最近のある統計によれば、成績の最も優秀な者が必ずしも東大の医学部に進んでいるわけではないようだ。受験

記事を読む

no image

アメリカの医学部のレジデントシステム

アメリカの研修医制度といえるレジデントのシステム。三年間で、みっちり自分の進む科のトレーニングを受け

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑