学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

脳のCTにいたって、脳外科と合わせて年に一枚も診た。で、その後、内科もできる精神科医を、高齢者専用の総合病院が募集していたために、そこに入った。ここで学んだことは私の将来を決定づけた、とある医師は語る。

救命救急センターの仕事ができたこと。大変だったが、ためになった。神経内科だったが、脳外科と共同で仕事をしていて、脳外科の仕事も手伝えたど、当時の最新のテクニックを身につけた。結局、その後使わなかったが。

学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学、もう一つ、私にとって、その後の一生に大きな影響を与えたのは、大学の精神分析のセミナーに通ったことである。当時の日本の精神分析の世界の重鎮である先生が中心になって行われていたセミナー。

かなり精神分析の勉強に自信を持った私は、アメリカの精神分析のメッカとされるカンザス州のカールメニンガー精神医学校に留学した。そこで、もっと衝撃を受けた。指導がしっかりしているし、授業がきわめてわかりやすいのだ。

精神分析の勉強会で

研修医のとき、精神分析の勉強会で、フロイト(相神分析の祖)の本をドイツ語の原著で読まされて、チンプンカンプンだった。しかし、このセミナーは初心者でもわかりやすくという主義が貫かれていた。そして、毎年レベルアップできるようになっていた。私は、そこに四年通い、またイギリス帰りの精神分析医を紹介してもらって、患者さんに精神分析的治療を行うことを受けていた。

慶應のセミナーより、さらにわかりやすいし、古典ではなく、最新のいい文献を紹介してくれおかげで基礎がしっかりしていたからなのだろうが気がした。実際、そこで今の精神分析の師である先生とも知り合い、今でもロサンゼルスに教えてもらいに通っている。

また精神分析の世界でもっともアメリカでは人気のある学派である自己心理学の国際年鑑にも、日本人として初めて論文を載せてもらったもちろん厳正な審査のうえである、とある人は語った。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

後期高齢者医療制度導入の問題

二〇〇八年度最大の医学関連のニュースは、おそらくは後期高齢者医療制度の導入問題だろう。つまり、これは

記事を読む

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

医学部生の生活をおくっている時代に教養を身につけること

医学部生時代に教養を身につけること。実は、これからの時代は、医者も患者さんとのコミュニケーション・ス

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をしたというある医師

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をした、というある医師。それでも、中2で勉強を始めた際には、灘のほか

記事を読む

no image

いいかげんな医者は医療保険請求だけが命という話

本来、初診の患者にはどこが痛いのか、どんな痛みがいつからはじまり、どれくらい痛いのかを聞く。そしてさ

記事を読む

no image

健康診断の結果が怖い-ささいなデータの変化に一喜一憂

最近、増えているのが健康診断の結果を手にして、ささいなデータの変化に一喜一憂したり、医学的にあまり意

記事を読む

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇

記事を読む

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑