学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

脳のCTにいたって、脳外科と合わせて年に一枚も診た。で、その後、内科もできる精神科医を、高齢者専用の総合病院が募集していたために、そこに入った。ここで学んだことは私の将来を決定づけた、とある医師は語る。

救命救急センターの仕事ができたこと。大変だったが、ためになった。神経内科だったが、脳外科と共同で仕事をしていて、脳外科の仕事も手伝えたど、当時の最新のテクニックを身につけた。結局、その後使わなかったが。

学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学、もう一つ、私にとって、その後の一生に大きな影響を与えたのは、大学の精神分析のセミナーに通ったことである。当時の日本の精神分析の世界の重鎮である先生が中心になって行われていたセミナー。

かなり精神分析の勉強に自信を持った私は、アメリカの精神分析のメッカとされるカンザス州のカールメニンガー精神医学校に留学した。そこで、もっと衝撃を受けた。指導がしっかりしているし、授業がきわめてわかりやすいのだ。

精神分析の勉強会で

研修医のとき、精神分析の勉強会で、フロイト(相神分析の祖)の本をドイツ語の原著で読まされて、チンプンカンプンだった。しかし、このセミナーは初心者でもわかりやすくという主義が貫かれていた。そして、毎年レベルアップできるようになっていた。私は、そこに四年通い、またイギリス帰りの精神分析医を紹介してもらって、患者さんに精神分析的治療を行うことを受けていた。

慶應のセミナーより、さらにわかりやすいし、古典ではなく、最新のいい文献を紹介してくれおかげで基礎がしっかりしていたからなのだろうが気がした。実際、そこで今の精神分析の師である先生とも知り合い、今でもロサンゼルスに教えてもらいに通っている。

また精神分析の世界でもっともアメリカでは人気のある学派である自己心理学の国際年鑑にも、日本人として初めて論文を載せてもらったもちろん厳正な審査のうえである、とある人は語った。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療システムなどの内容を大学病院が公開しない訳

医療はブラックボックスであり、医療経済学、病院管理学、臨床医学、基礎医学などなどそれぞれの専門家はた

記事を読む

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が

記事を読む

no image

メンタルヘルスの重要性-ストレス社会の問題

ストレス病は急激に増加しています。若干の問題はあるものの、日本における身体の健康診断は十分にいきわた

記事を読む

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者で

記事を読む

no image

生検とは-その意味とその他にも医学用語をいくつか紹介

・生検(セーケン) ここでは生検について話をしよう。検査法は、ポリープとかの細胞の一部を削り取

記事を読む

no image

ガン告知の真実-病名を隠す傾向がある現代

治療をすれば治るガンについては、告知することが一般的になってきました。現実には、ガンを告知されてよか

記事を読む

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業とい

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

医学部入試問題の傾向を知る

やっている勉強の中のむだというのは(もちろん、学力がつくという意味では、まったくのむだということはな

記事を読む

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑