町医者は設備が乏しく入院ができないということはない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

一般に、町医者は設備が乏しく、入院ができないと言っている人に限って、医療機械を駆使した詳しい検査をする必要もなければ、入院治療を要しないケースが多いように思います。

ドクター一人の医療機関に多くの設備投資をすることは困難ですし、その必要もないという意見もあります。まして入院設備となると、医師、看護婦の一四時間体制をはじめ、病院給食、シーツの交換に至るまで、膨大な組織と人件費がかかります。しかし、町医者の利点は限りなくありますから、まず何らかの身体の異常についてはかかりつけ医に相談することが重要です。

どうしても大病院の方が安心というイメージをもたれる方が多いのですが、町の開業医でかかりつけ医を見つけることをおすすめします。患者さんは町医者にどんな不安を感じているのでしょうか。一般によく聞かれる患者さん側の意見を拾ってみました。

・使っている薬が二流品
・医者が年寄り
・入院ができない
・設備が乏しい

開業医の後継者不足はもっと深刻に

また、使っている薬が二流品。これも患者さんの側からみれば医者からもらった薬がわかる本などで調べにくいだけで、実際の治療効果には影響しない問題です。また最近では、院外薬局を利用する診療所が増えたので、この問題は減っているように思います。

ある町の開業医の平均年齢は六五歳でした。最も若い先生が四七歳とのことでした。そこに三一歳の若き医師が開業しましたので、一気に最年少開業医が一五歳若返ったという話を聞いたことがあります。このままでは、開業医の後継者不足はもっと深刻になるでしょう。

一般に言われているよりもはるかに町医者は地域の住民に親切なものです。町医者が年寄りという問題は、正直なところ存在します。相談をしさえすれば、詳しい検査や治療が必要な場合は必ず紹介をしてくれるはずです。開業医の後継者不足の問題は厚生省や医師会のみならず、地域の住民も各々考えてゆかなければならない問題でしょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していなが

記事を読む

no image

風邪は薬使わないほうがいいという驚きの新事実!?

かつては、風邪にかかった患者に対しては、十分な休養を勧めることが医者としての常識でした。ところが、今

記事を読む

no image

医者を志すのは若いほどいいのか?

アメリカの場合などは、メディカルスクールといって、大学を出た人が医学部のような学校に入る仕組みなので

記事を読む

no image

優しさに研修医が涙したある話

外科研修医1年生のE君。下宿に帰っても金がない。週に4日は当直。給料はなんと普通の会社の新入社員の半

記事を読む

no image

がん治療の最前線-昔は切除しすぎという傾向もあった

確かに日本のがん切除手術の技術レベルは世界最高なのですが、切除しすぎという傾向もありました。五〇年く

記事を読む

no image

女のわがままに最も対処できるのは

・もっとも女のワガママを知りつくした医者 技術的には世界でも最高のレベル。現在の日本の美容整形

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

美容整形は医療ではない!?大学病院には存在しない

美容整形外科は形成外科の一分野であるが、医療ではない。根本的に違うのである。手術の技術が高くなったの

記事を読む

no image

良い歯医者の具体的な見つけ方を紹介

歯科医院はそれこそ軒を連ねるほどありますが、歯科医の専門にもいろいろな分野があります。××歯科という

記事を読む

no image

主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑