麻薬犯罪に関わった医者の話-トランキライザーびたりの友人

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある大病院の医師が、トランキライザーびたりの友人に頼まれて、ハルシオンを長期間にわたって横流ししていた。
その友人がある日、昼間から飲み、しかも量を飲み過ぎてしまったため錯乱状態に陥ってしまった。家を飛び出し、歩いている誰彼かまわずにつかみかかって、わけのわからないことを口走ったそうだ。

トランキライザーびたりの友人は以前ノイローゼにかかったことがあって、現在も薬を出しているのは治療のためというカルテが作ってあった。そのため、医師も友人も罪には問われなかった。警察官が来て逮捕し、当初は覚醒剤を疑われた。しかし調べてみるとマイナートランキライザーであることがわかり、薬を出していた医師が参考人として呼ばれた。

トラブキライザーには、強度の精神分裂病などに投与するセレネースやヒルナ二ンといったメジャートランキライザーがある。これなどは強過ぎて寝てしまうから、濫用には向かない。市販されている睡眠薬にブロバリンがあるが、これを濫用しようとして大量に飲むと呼吸異常を起こして死ぬ場合がある。

これらの薬は要指示薬といって、医師の処方義がなければ販売できないのであるが、処方箋の乱発や横流し、あるいは薬局の違法な販売によって艦用されているという話だ。そのドラッグを酒と一緒に一錠服用すると、いわゆるラリった状態になる。

ドラッグを頻繁に横流しして儲ける医者

ドラッグを頻繁に横流しして儲ける医者。日本でも本格的な覚醒剤汚染がはじまったといわれる。医者の中にもそういう人がいるらしいから、いかに医者の世界が荒れているか世間に知れ渡る日がくるに違いないという話もある。

医者が関係するドラッグといえば、ラボナやハルシオン、ロヒプノールといったマイナートランキライザーである。ハルシオンは、六本木で一シート二十錠が一万円で取り引きされているそうだから、ドラッグファンにはお馴染みの薬であろう。

六本木界隈などで密かに売られ、遊び好きな医大生も手を出しているという噂なので、いずれ捕まることだろう。一時、芸能人や遊び人のグループが、ホテルのスイートルームを借りて、ラボナパーティーやハルシオンパーティーを開き、乱交に及んだそうだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者に質問-先生は休憩や食事などは取っているのですか?

教室での勉強から病院での実地学習が始まり、医者の実態がわかりかけてきた時期のこと。ある医学生が病院の

記事を読む

no image

病院の待合室に響いた子供の恐ろしい一言

・待合室に響いたシャレにならない子供のひと言 大学病院の内科医局に勤めるAさんには、4歳になる

記事を読む

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周

記事を読む

no image

外科医の仕事の能力の優劣を決めるものは何か?

同じ外科でも脳外科と普通の外科とでは、それぞれ医者の適性がまったく違うという。脳外科は細かい手術が多

記事を読む

no image

良い歯医者の具体的な見つけ方を紹介

歯科医院はそれこそ軒を連ねるほどありますが、歯科医の専門にもいろいろな分野があります。××歯科という

記事を読む

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、

記事を読む

no image

病院の診療科について-何を専門にしているのか分かりにくい

専門と思われる診療科について触れましょう。一般の方にとって、診療科名を読んだだけでは何を専門にしてい

記事を読む

no image

病院内の売店の経営は意外に儲かるらしい

東京郊外にある大学病院に出入りするW商店社長の車は黒塗りのベンツ。それもサンルーフつき。大病院の職員

記事を読む

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

交流分析テストで分かるエゴグラム

~交流分析が有効であった患者さん、交流分析とエゴグラム~ アンケート形式のテストは、心療内科で

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑