麻薬の払い出しのオキテ

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

払い出しとは、入院病棟用に薬剤を一定量ストックしておくために、定期的に薬剤部から出庫してもらうことをいう。新人看護婦のA美さんがはじめて薬剤部へ行くことになった。しかも、その用事は内科の末期ガン患者のための麻薬の払い出しである。

A美さんが記録をチェックし、一点ずつ点呼しながら、先輩の薬剤師S子さんの手から受け取っているとき、過って麻薬のアンプル(注射ビン)を箱ごと落としてしまったのである。A美さんが、「すぐに片づけなくっちゃ」と、あわてて拾おうとすると、「動かないでッ」と、思いきりS子さんに叱り飛ばされた。すぐに箱を拾い上げるS子さん。さいわいというべきか、箱から飛び出して割れたアンプルは2コ。

と、びっくりした瞬間、A美さんの左目からコンタクトレンズがポロッと麻薬液の中に。そして、流れた液を静かにティッシュペーパーで吸い取っているではないか。そうとは知らず、S子さんはそっとアンプルをつまみ上げ、ビニール袋の中へ。

「あの、その中に、コンタクトレンズが落ちたんですけどLA美さんが恐る恐る言うと、エッ、まあ、そう。でもムリね。麻薬まみれだもの」S子さんは悲しげにそう答えた。呆然とつっ立っているA美さんに、S子さんは溜め息混じりにつぶやく。これから踏まなければならない、おそろしく面倒な手続きに、早くもウンザリしているようだ。

麻薬の使用量は

麻薬の使用量は、厚生省の管理のもと厳しくチェックされている。あたりまえのことだが、それこそ旧ミリグラムにいたるまで、使う分量と記録される分量とに、誤差があってはならないのだ。進行ガンの痛みを抑えるために麻薬を処方することがあることは、今やだれでも知っているが、その裏で、麻薬の管理に病院がかなりの労力を費やしていることは、意外と知られていない。

実は、こういう破損した麻薬剤は、決して水に流したり、洗い落としたりしてはいけないのだ。では、こぼした液はどうするかといえば、一満も残らずティッシュペーパーにしみ込ませて、そのまま麻薬管理を担当する薬剤師の手を経て厚生省に提出しなければならない。

その後、A美さんはS子さんとともに麻薬管理薬剤師主始末書を提出し、厚生省へ出頭した。予想もしなかった初体験の連続に、A美さんは落としたコンタクトレンなど、もはや考える余裕すらなかったのであった。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研修医が病院に初出勤時に起こる嬉しい出来事

医師の、ボールベンにはガスターだのザンタックなどと、カタカナ名が入っているはずです。場合によっては英

記事を読む

no image

脂肪肝とは?痺せたりお酒をやめれば元どおりになる-用語集

医者が病院で使っている用語はたくさんあるが、その中でいくつかの用語を紹介していこう。 ・シボー

記事を読む

no image

医者への謝礼は過去の遺産-今はサービス提供が勝負

謝礼を渡さなければ手術で手を抜く、などということがこの現代にあったら、それこそ謝礼どころか訴訟の対象

記事を読む

no image

アメリカではベッドの数に対して二倍以上の看護師がいるが

従来の最高レベルとされた看護師二人に対し患者一人(一対一入院基本科)の病院は一万二六九円。三人対一人

記事を読む

no image

医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医

記事を読む

no image

何でもかんでも薬漬け医療だというのは少し違う

現代の医療は、薬漬け医療だとよく言われることがあります。医者が必要のない薬をたくさん出したり、患者の

記事を読む

no image

アルサーとは潰瘍のこと-医学用語集

・アルサー アルサーとは潰瘍のことである。なお、本当は胃ガンなのに、患者には胃潰瘍とウソつく場

記事を読む

no image

医師が学会のために休診となっても怒ってはいけません

学会とは、検査方法や治療方法の検討など、臨床的な報告も含めて、広い意味での研究成果を提示するところで

記事を読む

no image

大病院は小さな病院よりも医療の質が高いとは限らない

大病院に患者が集まる理由は、 ・若手からベテランまで専門医がそろっている。 ・科目数が多い。

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑