無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に反映されたことになっています。しかし、一般内科の治療など、医者の技術差によって保険点数の差にならないものの方が圧倒的に多いのです。

経験豊かで能力のある医者が必要最小限の検査で診断に至り、必要最小限の薬を出した。五万円で済んだ。そして、技術も経験もなく未熟な医者があれこれ検査を繰り返し、やっと一つの診断に至った。まだどちらかは決められない。とりあえず一つの病気を想定して、薬をあげてしまった。

無駄な検査、無駄な投薬がなされたわけです。すべての医療行為が点数化されていて、医者なら卒業したての新人でも、経験豊かな医者でも皆同じ点数ということです。一見、平等で民主的に見えるシステムですが、こちらの場合はかかった医療費一〇万円。

何か変でしょう?この五万円の差は、患者さん一人一人の負担になりますし、ひいては国民医療費の増大につながるわけです。直接、関係ないやと思わずに、このような社会的な視点からも医療に関心を抱いて欲しいと思います。

大病院の専門診療科を転々としないことが重要

また、あなたがたの健康アドバイザーとしてのお医者さん、を上手に使うことを心掛けてください。決して非科学的な民間療法におすがりしたり、素人判断を優先させないことが重要です。自分の健康は自分で守るという意識を持って、自分の病気について正しく勉強することです。わからないことは何でも医者に聞くようにしましょう。逆に、患者さんの権利をすべて放棄して、ただただ、おまかせしていますというおまかせ医療はダメです。

かかりつけ医をぶっ飛ばして、大病院に患者さんが集中することも、さまざまな悲劇の原因となります。自分勝手に大病院の専門診療科を転々としないことが重要です。ドクターをキーステーションとして、紹介状を持って医療機関を移動すること何でも相談できるかかりつけ医(ホームドクター)を持つことです。よい患者さんが、よい医者を作る。一人一人の医療の正しい理解が日本の医療を改善させるという大きな気持ちが必要です。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

カルテにnpと書くのは異常なしということ-用語集

・np(異常なし) たとえば、お腹(Abd)の診察で異常なければ、AbdnDとカルテに書く。n

記事を読む

no image

なり手のない分野の医者になることは社会貢献でもある

医者は金だけがすべてではない。しかし、安易に都会の大病院に就職したいと思っていても、現実はそう甘くな

記事を読む

no image

臨床経験年数のある医者はなかかか病棟にいないという現状

もともと病棟の仕事は、卒業、一、二年目の研修医が指導医の指導のもとに担当する。さらに病棟医長と呼ばれ

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

医学研究の本当の意味をもう一度考え直さないといけない

たしかに研究は自由で、どういうことをやってもいいのかもしれない。しかし、これからは大学病院という公共

記事を読む

no image

注目されている地域医療や総合診療など

注目されている、地域医療や総合診療。人間を個別の臓器に分けて診るという対応から、人間全体を診ていこう

記事を読む

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当

記事を読む

no image

論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがに

記事を読む

no image

アメリカではベッドの数に対して二倍以上の看護師がいるが

従来の最高レベルとされた看護師二人に対し患者一人(一対一入院基本科)の病院は一万二六九円。三人対一人

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑