小さな村の診療所に赴任してきた女医の奮闘

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・医者の仕事もところ変われば

なにしろ村にたった一つの診療所。同じ大学病院の外科に勤務する夫に代わり、取るものもとりあえずやってきた次第であるが、院長である彼女の義父が病に倒れたため、雪深い東北の寒村のある診療所に、東京の大学病院からK女医が赴任してきた。実は、彼女の専門は麻酔科。長いこと主任を務め、末期がんの手術には立ち会ったことはあっても、こんな外科も内科も一緒くたにした、しかもほとんど病気とはいえない患者の診察をするのは初めての経験である。

彼らにしてみれば科なんて関係ない。ただ医者に見てもらえばいい。診療所には、実にさまざまな患者がやってくる。風邪、神経痛、腹痛、切り傷、ヤケド。年寄りから赤ん坊まで。

ある日、うら若き乙女が診察にきた。ものすごいシモャケで、足が痛くて歩けないという。見ると、親指が真っ赤に腫れ、ツメが肉に食い込んでまくれ上がっている。処置に困った、ろうばいするK女医。ど、どうしょう。なんと乙女は苦痛にゆがむ顔で、先生、ひと思いに抜いちゃってくださいと言う。ツメを抜くなんて一度もやったことないのに。

とりあえず痛み止めの麻酔を注射

とりあえず、痛み止めの麻酔を注射し、ここ一番の名セリフ今日はこれで様子を見ましょうで切り抜けた。その晩さっそく入院中の義父に電話すると、やり方は婦長に聞いて、抜きたいというなら抜いちゃいなさい。あっさり。そんなあ。もっとちゃんとアドバイスしてよ。

乙女の顔はカーテンの向こう、見えるのは足の先だけである。とうとうツメを抜くことになった。恐る恐るツメのまわりにメスを入れる。診療所生活30年の婦長は顔色一つ変えず、小声で指示する。先生、そんなんじゃダメです。もっと深くザクッザクッと。

なんとか切れ目を入れ、ペンチ様の針子ではさんでツメを引っばるが、これが抜けない。先生、もっと力を入れて、グッと!と婦長のゲキが飛ぶ。乙女の足の血はドクドク、K女医の汗はダラダラ。これ以上は引っ張れない~と、ふと気が遠くなりそうになったところでツメは抜けた。患部を見なくてよかったわね。血だらけの切り口を思い出して、K女医、また胸が悪くなる。村の医者と患者の信頼関係は、どうやら持ちつ持たれつお互いさまで、育っていくようだ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

交通事故現場で卒倒してしまったある病院の院長の話

交通事故現場で卒倒してしまったある病院の院長の話 ・事故現場で卒倒した辣腕外科医のひとりごと

記事を読む

no image

アメリカの病院システムで有名なマネージド・ケアというシステム

アメリカはマネージド・ケアというシステムを作り出した。これは医者、病院、保険会社が患者個人や会社を相

記事を読む

no image

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること。 医学博士の免状だけは欲しいという場合で

記事を読む

no image

翼状針の意味を取り違えた恥ずかしい話

・翼状針を間違った意味にとってしまった話 ある病院でのお話。患者の点満液の具合を見ていたH医師

記事を読む

no image

医者の医療ミスは犯罪か

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反に問われた医師

記事を読む

no image

閉経と妊娠の判断を間違えたある女性の話

・20年ぶりの産婦人科の門 ダンナは大阪に単身赴任中で、目下高校生の2人の息子との3人暮らし。

記事を読む

no image

風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれて

記事を読む

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラ

記事を読む

no image

素人判断をして指示に従わない患者の数が多い

素人判断をして、指示に従わない患者さんは、すごく数が多いようです。不安感が強く会社にも行けないといっ

記事を読む

no image

風邪程度で入院を勧められたら注意しましょう

医者が診断をして、入院が必要ですなどといったら、それは、重い病気であることを意味するのだろうか、と受

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑