ナースは忙しいのが好きな人が多い!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

Eさんは看護婦である。子育てでしばらく休んでいたが、ようやくこの春から職場に復帰した。Eさんの勤務先は県立病院の外科外来。昼勤だけなのだが、ここ数年のんびり過ごしてきたせいか、かなり仕事がきついらしい。家が近所で子どもの年齢も近かったので親しくつき合っているのだが、体格といい性格といい、万事おうようで気兼ねがなく、娼御肌のEさんを一つ年下のSさんは姉のように思っていた。Sさんの友人に、女優のあき竹城そっくりのEさんがいる。

子どもを迎えに来るたびに、今日は立ちっぱなしだったとか、腰が痛いとか、しきりにグチをこぼす。Eさんはいつも、夕方帰りがけに、Sさんの家で遊んでいる。ふだんのEさんは決してそんな弱音を吐く人ではないので、Sさんもだんだん心配になってきた。仕事と家庭の両立はいくらEさんでも荷が重いのかしら、やっぱり数年のブランクがよくないんじゃないか、と気がもめる。

そんなある日、Sさんは格好のウワサを耳にした。どうやら長く勤めていたたった1人の看護婦が、高齢のため辞めることになったらしい。つい目と鼻の先のF耳鼻科医院が看護婦を探しているというのだ。院長のことはEさんもよく知っているから、よけいな気遣いもないだろう。この話、EさんにはちょうどいいとSさんは思った。

こんないい条件はない

こんないい条件はないと、Sさん、さっそくEさんに聞いてみた。ところが、相変わらずくたびれた顔をしているEさんの返事は、あたし、来週から夜勤もすることにしたのよ。亭主もそれがいいって言ってるし。耳鼻科はたしかにヒマよねえ。けどあたし、ヒマなの性に合わないのよ。これからますます迷惑かけるかもしれないけど、よろしくね。

なにかと厳しい労働条件が問題になる看護婦という職業だが、彼女たち本人にとってみれば好きで選んだ仕事、ラクでのんびりしている職場はかえって物足りないのかもしれない。予想もしなかったEさんの言葉にSさん、そ、そんなことはいいけど、と、どうも納得いかない。その後に聞いたEさんの話によると、実は耳鼻科は看護婦にあまり人気がないのだそうだ。となると、グチをこぼしながらも忙しいのが1番ということなのだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療ミス訴訟-処理にはあらゆる手を使う

たいしたことのない病気で、外見は元気な患者が注射ミスで死亡すると簡単にはいかない。おかしいじゃないか

記事を読む

no image

学閥を利用することで名医を見つけることも可能

ベッド数九九の中堅病院ながら、心臓外科としては大学病院や国立病院をしのぐ病院もあります。神奈川県の大

記事を読む

no image

女医でプライドのかたまりのような人は嫌われるらしい

女医のいいところは、患者に対してまめに接し、細かい点まで目が行き届いて治療もていねいだということ。し

記事を読む

no image

ガリウムシンチなどの医学用語集

・ガリウムシンチ 病気の種類によって、注射する物質が異なるわけだが、ガンの場合はガリウムという

記事を読む

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地

記事を読む

no image

検温カードで勘付かれてしまった病気の勘違い

研修医の小僧など、彼女たちの手にかかっては赤子も同然。キャリア6年の医局員M医師でさえ、表面はにこや

記事を読む

no image

医学部の授業ってどんなことをするの?

医学部六年間の一般的なカリキュラムを示すと、一年では基礎科学と呼ばれるものが中心である。六年間の医学

記事を読む

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集

記事を読む

no image

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

・良性腫瘍 医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガン

記事を読む

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったから

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑