ナースは忙しいのが好きな人が多い!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

Eさんは看護婦である。子育てでしばらく休んでいたが、ようやくこの春から職場に復帰した。Eさんの勤務先は県立病院の外科外来。昼勤だけなのだが、ここ数年のんびり過ごしてきたせいか、かなり仕事がきついらしい。家が近所で子どもの年齢も近かったので親しくつき合っているのだが、体格といい性格といい、万事おうようで気兼ねがなく、娼御肌のEさんを一つ年下のSさんは姉のように思っていた。Sさんの友人に、女優のあき竹城そっくりのEさんがいる。

子どもを迎えに来るたびに、今日は立ちっぱなしだったとか、腰が痛いとか、しきりにグチをこぼす。Eさんはいつも、夕方帰りがけに、Sさんの家で遊んでいる。ふだんのEさんは決してそんな弱音を吐く人ではないので、Sさんもだんだん心配になってきた。仕事と家庭の両立はいくらEさんでも荷が重いのかしら、やっぱり数年のブランクがよくないんじゃないか、と気がもめる。

そんなある日、Sさんは格好のウワサを耳にした。どうやら長く勤めていたたった1人の看護婦が、高齢のため辞めることになったらしい。つい目と鼻の先のF耳鼻科医院が看護婦を探しているというのだ。院長のことはEさんもよく知っているから、よけいな気遣いもないだろう。この話、EさんにはちょうどいいとSさんは思った。

こんないい条件はない

こんないい条件はないと、Sさん、さっそくEさんに聞いてみた。ところが、相変わらずくたびれた顔をしているEさんの返事は、あたし、来週から夜勤もすることにしたのよ。亭主もそれがいいって言ってるし。耳鼻科はたしかにヒマよねえ。けどあたし、ヒマなの性に合わないのよ。これからますます迷惑かけるかもしれないけど、よろしくね。

なにかと厳しい労働条件が問題になる看護婦という職業だが、彼女たち本人にとってみれば好きで選んだ仕事、ラクでのんびりしている職場はかえって物足りないのかもしれない。予想もしなかったEさんの言葉にSさん、そ、そんなことはいいけど、と、どうも納得いかない。その後に聞いたEさんの話によると、実は耳鼻科は看護婦にあまり人気がないのだそうだ。となると、グチをこぼしながらも忙しいのが1番ということなのだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際

記事を読む

no image

良い歯医者の具体的な見つけ方を紹介

歯科医院はそれこそ軒を連ねるほどありますが、歯科医の専門にもいろいろな分野があります。××歯科という

記事を読む

no image

医者は専門に進んでもいわゆる専門バカにならないように

専門に進んでも、いわゆる専門バカにならないで、社会のニーズにアンテナを張るようにしてほしい。専門医に

記事を読む

no image

ムンテラとは?その意味と他にも医学用語を色々紹介

・麻薬 病院で何のために使うのかというと、もちろん闇で売って大儲けするためではない。ガンの末期

記事を読む

no image

風邪程度で入院を勧められたら注意しましょう

医者が診断をして、入院が必要ですなどといったら、それは、重い病気であることを意味するのだろうか、と受

記事を読む

no image

医学部の解剖実習出会いと相性とないものねだり

・解剖実習の出会いと相性とないものねだり G君たちの班の解剖体は、脳溢血で亡くなった42歳の男

記事を読む

no image

治療が正しいことだったかどうかの判断

医者でさえ判断に迷うのが実態なのに、裁判所が勝手に判断して、そのやり方をしないと逮捕というのでは、医

記事を読む

no image

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生

記事を読む

no image

医者で知識の多い人を見極める方法や良い医者を見極める方法

知識が多い医者かどうかを調べるにはどうすればいいかというと、以下のような方法がある。たとえば、診察室

記事を読む

no image

学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学

脳のCTにいたって、脳外科と合わせて年に一枚も診た。で、その後、内科もできる精神科医を、高齢者専用の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑