内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそうだ。
糖尿病になりそこねたある歯医者の話である。年齢もほとんど変わらず、開業した時期も同じなので院長同士仲がいい。そんなふうだから、双方の患者も快く紹介することができる。持ちつ持たれつというわけだ。おかげでどちらも商売繁盛。歯痛の患者が風邪気味ならO内科へ、腹痛で来た患者が差し歯にしたいならE歯科へといった具合である。

E院長は42歳。O院長の強い勧めもあって、ここらでひとつオーバーホールを、と健康診断を受ける気になった。これまで病気らしい病気はしたことがないが、そろそろ健康が気になる年齢ではある。ひととおりの検査を終えて数日後の朝、O院長から突然電話がかかってきた。B突然の言葉にE夫人は受話器を落としそうになった。いや糖値がね、すごいんですよ。大変なもんです。E夫人が出ると、あ、奥さん、ご主人ね、もうリッパな糖尿病ですよ。えつ、リッパな・・トウニョウ?

それにしてもなんでわが家の大黒柱が

それにしても、なんでわが家の大黒柱が。こちら側のショックとは裏腹に、声が妙にはずんでいる。あまりの糖値の高さにO院長は興奮気味。糖尿病、食事療法、失明、というひとつの図式が家族全員の脳裏をかすめる。突然の宣告に、その日のE一家は不幸のどん底に落とされた。不安は増すばかりである。と、夜になって長女が思い出したように言った。

ねえ、パパ、検査の前の日、リンゴジュースをガブ飲みしたじゃない、あれ関係ないのかなあ果たして長女の言うとおりだったのか、後日再検査した結果、糖値は正常であった。検査の前日ジュースをガブ飲みする患者も患者だが、最初の尿検査だけで、りっばな糖尿病、と言ってしまう医者も医者。それにしても、歯医者だってそのくらい知っていそうなものなのに。E歯科とo内科はなにこともなったように、今も変わらぬ近所づき合いをしているが、あの驚標の一夜を境にO内科への患者の紹介数は、ぐっと減っているのは確かである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

日本の医療制度の問題点について

医学の最先端の研究の重要性は論を待たないところです。しかし、現在では臓器別医学の限界、来るべき高齢化

記事を読む

no image

メンタルヘルスの重要性-ストレス社会の問題

ストレス病は急激に増加しています。若干の問題はあるものの、日本における身体の健康診断は十分にいきわた

記事を読む

no image

医者検索-良心的な人と悪い人の簡単な見分け方や注意点

良い医者は余計な検査はやらないし、たとえ検査するにしても、なぜその検査が必要なのかをキチンと説明して

記事を読む

no image

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズ

記事を読む

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少な

記事を読む

no image

良い医者を探す基準-良い例と悪い例を比較してみよう

「塩分を制限してください」 塩分制限を指示したからといって、必ずしも良い医者とはかぎらない。医

記事を読む

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気

記事を読む

no image

医学部の過去問-やってできないところを分ける

最後の模試でE判定から受かる人がいるのも、まぐれとか、たまたま相性のいい問題が出たということ以上に、

記事を読む

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわ

記事を読む

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあり

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑