内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそうだ。
糖尿病になりそこねたある歯医者の話である。年齢もほとんど変わらず、開業した時期も同じなので院長同士仲がいい。そんなふうだから、双方の患者も快く紹介することができる。持ちつ持たれつというわけだ。おかげでどちらも商売繁盛。歯痛の患者が風邪気味ならO内科へ、腹痛で来た患者が差し歯にしたいならE歯科へといった具合である。

E院長は42歳。O院長の強い勧めもあって、ここらでひとつオーバーホールを、と健康診断を受ける気になった。これまで病気らしい病気はしたことがないが、そろそろ健康が気になる年齢ではある。ひととおりの検査を終えて数日後の朝、O院長から突然電話がかかってきた。B突然の言葉にE夫人は受話器を落としそうになった。いや糖値がね、すごいんですよ。大変なもんです。E夫人が出ると、あ、奥さん、ご主人ね、もうリッパな糖尿病ですよ。えつ、リッパな・・トウニョウ?

それにしてもなんでわが家の大黒柱が

それにしても、なんでわが家の大黒柱が。こちら側のショックとは裏腹に、声が妙にはずんでいる。あまりの糖値の高さにO院長は興奮気味。糖尿病、食事療法、失明、というひとつの図式が家族全員の脳裏をかすめる。突然の宣告に、その日のE一家は不幸のどん底に落とされた。不安は増すばかりである。と、夜になって長女が思い出したように言った。

ねえ、パパ、検査の前の日、リンゴジュースをガブ飲みしたじゃない、あれ関係ないのかなあ果たして長女の言うとおりだったのか、後日再検査した結果、糖値は正常であった。検査の前日ジュースをガブ飲みする患者も患者だが、最初の尿検査だけで、りっばな糖尿病、と言ってしまう医者も医者。それにしても、歯医者だってそのくらい知っていそうなものなのに。E歯科とo内科はなにこともなったように、今も変わらぬ近所づき合いをしているが、あの驚標の一夜を境にO内科への患者の紹介数は、ぐっと減っているのは確かである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇

記事を読む

no image

主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得

記事を読む

no image

認定医の現状-その数があまりに多いために起こる問題

専門医先進国のアメリカでは、意外な現状がある。日本と医療保険制度が違うために、単純に比較はできないが

記事を読む

no image

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

成績は遺伝ではない

私は小学校のときは、とても勉強ができて、西日本の模擬試験でもトップをとったことがあった、というある人

記事を読む

no image

大学病院は研究をするところで臨床は周辺の病院で学べばいいという意見

大学病院は研究をするところで、臨床は周辺の病院で学べばいいという意見もある。この考えは一部の医者に根

記事を読む

no image

いい医者とよくない医者を見分けるコツや注意点

もし、聞かれもしないのに、自分の方から二流大学病院に勤務していたんだと言う医者がいたら、ヤブ医者だと

記事を読む

no image

医学部受験生としては一つの方向性を考えないといけない

医学部受験生としては、一つの方向性を考えないといけない。医者が少ない地方の受験生によって、地域枠は何

記事を読む

no image

献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼って

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑