内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそうだ。
糖尿病になりそこねたある歯医者の話である。年齢もほとんど変わらず、開業した時期も同じなので院長同士仲がいい。そんなふうだから、双方の患者も快く紹介することができる。持ちつ持たれつというわけだ。おかげでどちらも商売繁盛。歯痛の患者が風邪気味ならO内科へ、腹痛で来た患者が差し歯にしたいならE歯科へといった具合である。

E院長は42歳。O院長の強い勧めもあって、ここらでひとつオーバーホールを、と健康診断を受ける気になった。これまで病気らしい病気はしたことがないが、そろそろ健康が気になる年齢ではある。ひととおりの検査を終えて数日後の朝、O院長から突然電話がかかってきた。B突然の言葉にE夫人は受話器を落としそうになった。いや糖値がね、すごいんですよ。大変なもんです。E夫人が出ると、あ、奥さん、ご主人ね、もうリッパな糖尿病ですよ。えつ、リッパな・・トウニョウ?

それにしてもなんでわが家の大黒柱が

それにしても、なんでわが家の大黒柱が。こちら側のショックとは裏腹に、声が妙にはずんでいる。あまりの糖値の高さにO院長は興奮気味。糖尿病、食事療法、失明、というひとつの図式が家族全員の脳裏をかすめる。突然の宣告に、その日のE一家は不幸のどん底に落とされた。不安は増すばかりである。と、夜になって長女が思い出したように言った。

ねえ、パパ、検査の前の日、リンゴジュースをガブ飲みしたじゃない、あれ関係ないのかなあ果たして長女の言うとおりだったのか、後日再検査した結果、糖値は正常であった。検査の前日ジュースをガブ飲みする患者も患者だが、最初の尿検査だけで、りっばな糖尿病、と言ってしまう医者も医者。それにしても、歯医者だってそのくらい知っていそうなものなのに。E歯科とo内科はなにこともなったように、今も変わらぬ近所づき合いをしているが、あの驚標の一夜を境にO内科への患者の紹介数は、ぐっと減っているのは確かである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

女医研修医の出産時の笑えないセリフとは?

・笑うに笑えぬ女医のセリフ なんとか無事男の子を出産し、ホッとした翌朝のこと。Aさんが初めての

記事を読む

no image

病院の受付に行く前に案内所を利用すると迷いません

たいていの病院が初めはそこそこの大きさの建物でした。ところが、外科から整形外科が独立し、麻酔科も独立

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をする

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

病気になった!どうしよう!あなたならどうする?こんなとき

病院へ行く前に何を考え、どう医者を選ぶかについて述べるとともに、現在の医療の問題について考えていきた

記事を読む

no image

医師が学会のために休診となっても怒ってはいけません

学会とは、検査方法や治療方法の検討など、臨床的な報告も含めて、広い意味での研究成果を提示するところで

記事を読む

no image

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をしたというある医師

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をした、というある医師。それでも、中2で勉強を始めた際には、灘のほか

記事を読む

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑