日本の医療制度の問題点について

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医学の最先端の研究の重要性は論を待たないところです。しかし、現在では臓器別医学の限界、来るべき高齢化社会への対応など医療社会学的問題が山積みです。医学部の名簿をみると、約一〇〇人のうち文科系的要素の強い精神医学を専攻した者は一〜三名だそうです。その他はほとんどが身体の医者です。

大病院は本当に患者さんを幸せにしているか良好な医者患者関係はどうあるべきなのかなどの医療の基本的問題に取り組む医者はほとんどいないということになります。その精神医学を選んだ少数の者さえも、脳波などの大脳生理学や神経伝達物質などを研究するわけです。二一世紀には国民一人一人が、心も身体も健康であるばかりではなく豊かであるためには、医療学や患者学に対してもっと時間を割くべきではないかと思います。

医療制度のこと

今の日本では病院に行きさえすれば、大金持ちでも極端に貧しい人でも、同じ程度の医療を享受することができます。

日本では国民皆保健が実施されているために、貧富の差によって受ける医療の内容が異なるということはなくなりました。それは世界に誇るべき素晴らしいことであると思います。しかし、医療と水はただという概念が定着してしまったために、さまざまな無駄遣いや矛盾点が見られるようになってきました。

国民健康保険の方は、医療費をよく使う人によって構成されているために、いつも財政的に苦しくなると聞いています。国民健康保険の方は退職後の人が加入します。若い時と違って、年齢に伴い病気の頻度も増えてきます。しかし若い時に貯めた社会保険の方からはお金がまわってきません。

社会保険の加入者は、若くて健康な人の比率が多いために、あまり保険料を使いません。そして独立や定年のために退職することになりますが、自分たちの払った保険料の多くを残したままになります。よって社会保険は黒字になります。社会保険に加入している企業は、毎月の保険料を従業員の給料から自動的に引き落とします。このような健康保険のシステムについては、病院の中で働いている人でも知らない人が多いのです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると

記事を読む

no image

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長

記事を読む

no image

海苔の食べすぎで結石が出たある医師の話

近所に住むYさん(70歳)が、隅田川近くの市中病院によく駆け込むようになったのは1年ほど前から。彼の

記事を読む

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはな

記事を読む

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場

記事を読む

no image

医学部卒業後の進路をすぐに決めなくてすむようになった

研修制度の最大のメリットは、医学部を出てすぐに自分の進路を決めなくてすむようになったことだとされてい

記事を読む

no image

医師先生-町の開業医が大学病院の医療より劣っているのか?

たとえば、熱が出て頭痛がするとしましょう。するとだれもが風邪かなにかだろう、と思います。風邪のような

記事を読む

no image

必要な薬以外に、飲んではいけない薬は存在するの?

肝炎などの肝障害の治療には、栄養を多く与え、十分なビタミン剤を投与することがよいと考えられています。

記事を読む

no image

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなどという声

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなど、贅沢だと思うかもしれない。研修医の指導をしても

記事を読む

no image

大学病院はメリットばかりとは限らない

カゼらしい症状でも大学病院の内科、小さな切り傷でも大学病院の外科に行きたがる人ってけっこういるんよう

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑