日本初の脳死移植と脳死法案

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 医療に関する記事

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい、と語るある専門家。

日本初の脳死移植は、結果がよかったのなら、むしろ、それを認めていくというのが医療のあり方だろう。逆に、結果が悲惨だった脳死移植のようなものこそ断罪されるべき。

脳死移植を学会で発表するわけではなく、マスコミに発表するわけでもない。功名心からやったものではないことは明らか。また患者さんから特別謝礼をもらっているようにも思えない。そして患者さんのほうでは、医師の患者グループも感謝のコメントや「守る会」の結成の動きもあるようだったという。

脳死が認められていなかったから、代わりに行われた生体肝移植は世界でもトップレベルだったし、年間五〇〇人の命を救っているのに、脳死肝移植は十年以上かけて四〇ケースほどしか、いまだに行われていない。

脳死法案ができて救えた患者さんは

脳死法案ができて救えた患者さんは一〇〇人かそこらであるが、脳死がいまだに認められていなかったら、人工心臓はもっと進歩したものになっていたかもしれない。

脳死移植反対のほうが人の命を救っている。医療である以上、やはり患者さんを救いたいという動機と、患者さんが救えたという結果は大切だろう。脳死移植の問題はいまだに多い。

これはこの脳死移植の問題を考える参考にしてほしいだけで、冒頭に述べたように、鵜呑みにしてほしいわけではない。そして、大学病院の教授たちが面接官なのだから、このような考え方を語ると面接で落とされかねないので、要注意ということも書き添えておこうと、ある専門家は語っている。

また、脳死移植問題以外に、二〇〇七年の医療にまつわるもっとも大きな事件のひとつに、薬害肝炎事件がある。この事件は、汚染された「フィブリノゲン」などの血液製剤の投与でC型肝炎にかかったとして国などに損害賠償を求めているものだった。放っておくと、どんどん悪くなりかねない病気の性質上、一刻も早い早期解決を期待したい。

脳死移植の問題や薬害肝炎事件など、複雑な問題は日本にたくさんあるのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量を

記事を読む

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

翼状針の意味を取り違えた恥ずかしい話

・翼状針を間違った意味にとってしまった話 ある病院でのお話。患者の点満液の具合を見ていたH医師

記事を読む

no image

医者は専門に進んでもいわゆる専門バカにならないように

専門に進んでも、いわゆる専門バカにならないで、社会のニーズにアンテナを張るようにしてほしい。専門医に

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医

記事を読む

no image

医者の医療ミスは犯罪か

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反に問われた医師

記事を読む

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だか

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑