認定医制度への疑問-差し当たってメリットはないという意見も

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

認定医や専門医の資格は、いまや大学病院にいる医者の大きな目標になっている。医学博士論文をだいたい卒業後六年目で書き、医学博士となると、次なる目標が認定医や専門医ということになる。ここ十年以上くらいの間に、各学会が独自で認定医や専門医の規定を作った。

その受験資格は学会によってかなり差がある。内科学会専門医では、自分が受け持った患者のなかから、規定の病気と例数をレポートにまとめて提出する必要がある。さらにペーパー試験を受ける。受験資格として決められたいろいろな病気を受け持つことができない場合もあり、そのときは仲間同士で症例を交換して、症例のまとめを作っているのが実情である。

医学が細分化し、医者が専門性を強く持つようになってから、その医者の専門性を評価するために、各学会が、一定期間学会員であるという条件を設けたり、試験をすることによって認定医制度を作った。学会によっては認定医の上に専門医制度を作り、さらに差別化しているところもある。実際に受け持たなくても、そうやって症例数をごまかして受験資格を得ていることもあるらしい。

認定医制度は学会の状況を変えてしまった

これも学会によって違うが、認定医となってからさらに試験をやって、専門医という資格を作っているところもある。認定医制度は学会の状況を変えてしまった。というのは、認定医を取得したあとも、五年に一回の更新をするために学会に出席し、五十点以上の単位を取得し更新していかなければならない。そのために一昔前には、内科学会はほとんど参加者がいなかったにもかかわらず、いまでは、非常に大人数が参加するようになった。

いずれにしてもその書類作りの労力はかなりのもので、専門医や認定医を受験するとなると、それなりの受験勉強が必要になる。ただ臨床をやっていれば受かるような試験でもないために、医者になってから受験用の勉強をすることになる。

この資格を持っているからといって、差し当たってメリットはないようだ。悪くいえば、医者の自己満足の資格である。医者に強制的に勉強させるというシステムとしては評価すべきかもしれないが、開業したり、勤務医となった場合、平日に行なわれる学会へ参加するのは大変である。それほどまでして、何のために専門医の資格を取るのであろうかという意見は多い。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

いい外科医を見つけるための具体的な方法

その他の科目の医者も生命を救済するという意味ではまったく同じなのですが、むずかしい手術を成功させた瞬

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

ギネとは産婦人科のことでジャイネコロジーという-用語集

・ギネ このコトバの使い方としては、たとえばこの患者をギネでみてもらおうなどと使う。英語ではジ

記事を読む

no image

夜間救急病院の実情-急患をイヤがる色々な理由や事情

医者の多くは死に対する感慨をなくしてしまうようである。極めて醒めた感情で人間の死に対しているようだ。

記事を読む

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

処方薬を出してもらうことを期待するという傾向

これはある医者がいっていた話ですが、ある女性が胃の調子が悪いというので、胃カメラによる検査などをひと

記事を読む

no image

イギリスのかかりつけ医制度に驚いた日本人

最近は、日本においても、かかりつけ医を作ることは大切だといわれています。日本には、そういう一般医とも

記事を読む

no image

内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそ

記事を読む

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるの

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑