脳死は人の死という問題点から

公開日: : 最終更新日:2015/12/09 医療に関する記事

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸を待って自分が助かることを考える(人間だれしもそう考えたくないが、自分が移植でないと助からないと思っている人にとっては、そのくらい切実な問題なのである)医療であることは事実と言わざるをえない。これは、きれいごとだけでは済まされないことである。

アメリカでは、臓器を提供する側にやむにやまれぬ事情があることは少なくない。アメリカの救急医療費は高い。人工呼吸器などをつければ一日で何十万円も飛んでいくことになってしまう。ところが脳死になって臓器を提供すれば、その分の医療費を移植を受ける側が提供することになるのである。

「脳死は人の死なのだから、人を助けるために臓器が使えるのなら、使うほうが人道的だ」という考え方が当時は主流だった。しかし、救急現場の医者たちや家族がそうそう納得できないから、成立してから心臓移植については、年間一〇人以上行われたことがないという。これは驚きである。

脳死判定が救急の現場で行われづらい

アメリカでは年間二〇〇〇例以上の心臓移植が行われていることを考えると、いかに日本では脳死判定が救急の現場で行われづらく、また臓器の提供に抵抗があるかがわかる。ただ、これは日本人が脳死移植に理解がないというだけの問題ではないだろう。

アメリカの心臓移植が高い理由は、きれいことばかりではない。結局、体のよい臓器売買と言えないわけではない。脳死法案が一九九七年死が判定されず、たとえ、現場のスタッフや遺族は、犠牲を払っているのである。これは、分かっておかなければいけにだろう。

生体腎移植にしても、健康な人が身内を助けるために二つある腎臓のうちの一つを差し上げる行為だ。生体肝移植についても、健康な人が自分の肝臓の一部を差し上げる行為である。もちろん肝臓にしても腎臓にしても、提供した側が死亡することは滅多にないし、その後もおおむね健康に生活できる。

ただ、腎臓の場合、たとえば腎臓のがんになった際に予備が一個ないというのは、本人にとっては大変なことであり、かなり不安なことではあるだろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

いい医者ばかりではなく中には自信がない人も多い

ときどき耳にする医者のとりあえず、という言葉。自信のない医者は診断の際に不安だと「とりあえず」という

記事を読む

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代に

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

医者は専門に進んでもいわゆる専門バカにならないように

専門に進んでも、いわゆる専門バカにならないで、社会のニーズにアンテナを張るようにしてほしい。専門医に

記事を読む

no image

病院の受付に行く前に案内所を利用すると迷いません

たいていの病院が初めはそこそこの大きさの建物でした。ところが、外科から整形外科が独立し、麻酔科も独立

記事を読む

no image

基礎医学-公衆衛生学や薬理学のように患者を診察しないもの-用語集

・教室 ここでいう教室とは、普通の会社でいうと〇〇部のようなものであり、たとえば内科学教室、外

記事を読む

no image

医科大学病院の手術が長い理由-安全性が高いわけではないらしい

患者の家族にとってはたまらない話かもしれないが、外科医を育てるためにはやむを得ないことであるようだ。

記事を読む

no image

交流分析テストで分かるエゴグラム

~交流分析が有効であった患者さん、交流分析とエゴグラム~ アンケート形式のテストは、心療内科で

記事を読む

no image

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るよう

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑