脳死は人の死という問題点から

公開日: : 最終更新日:2015/12/09 医療に関する記事

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸を待って自分が助かることを考える(人間だれしもそう考えたくないが、自分が移植でないと助からないと思っている人にとっては、そのくらい切実な問題なのである)医療であることは事実と言わざるをえない。これは、きれいごとだけでは済まされないことである。

アメリカでは、臓器を提供する側にやむにやまれぬ事情があることは少なくない。アメリカの救急医療費は高い。人工呼吸器などをつければ一日で何十万円も飛んでいくことになってしまう。ところが脳死になって臓器を提供すれば、その分の医療費を移植を受ける側が提供することになるのである。

「脳死は人の死なのだから、人を助けるために臓器が使えるのなら、使うほうが人道的だ」という考え方が当時は主流だった。しかし、救急現場の医者たちや家族がそうそう納得できないから、成立してから心臓移植については、年間一〇人以上行われたことがないという。これは驚きである。

脳死判定が救急の現場で行われづらい

アメリカでは年間二〇〇〇例以上の心臓移植が行われていることを考えると、いかに日本では脳死判定が救急の現場で行われづらく、また臓器の提供に抵抗があるかがわかる。ただ、これは日本人が脳死移植に理解がないというだけの問題ではないだろう。

アメリカの心臓移植が高い理由は、きれいことばかりではない。結局、体のよい臓器売買と言えないわけではない。脳死法案が一九九七年死が判定されず、たとえ、現場のスタッフや遺族は、犠牲を払っているのである。これは、分かっておかなければいけにだろう。

生体腎移植にしても、健康な人が身内を助けるために二つある腎臓のうちの一つを差し上げる行為だ。生体肝移植についても、健康な人が自分の肝臓の一部を差し上げる行為である。もちろん肝臓にしても腎臓にしても、提供した側が死亡することは滅多にないし、その後もおおむね健康に生活できる。

ただ、腎臓の場合、たとえば腎臓のがんになった際に予備が一個ないというのは、本人にとっては大変なことであり、かなり不安なことではあるだろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

学会開催の寄付金はチェック機能会計監査なしといわれていた

学会開催に金がかかるのは事実であるが、不思議なことに学会自体からの援助がほとんどなく、開催する医局が

記事を読む

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

・お礼は断固おことわり新人医師のあきれた言い分 今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さん

記事を読む

no image

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい。開業医の行動半径は実は狭いらしい。 実は

記事を読む

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患

記事を読む

no image

入院患者のトラブル-ライバル感覚からくる争い

患者さん同士にはライバルという感覚があります。特に、同じ時期に同じような手術をした人たちです。

記事を読む

no image

医学部受験生としては一つの方向性を考えないといけない

医学部受験生としては、一つの方向性を考えないといけない。医者が少ない地方の受験生によって、地域枠は何

記事を読む

no image

医者への謝礼は過去の遺産-今はサービス提供が勝負

謝礼を渡さなければ手術で手を抜く、などということがこの現代にあったら、それこそ謝礼どころか訴訟の対象

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

格差社会の医療の在り方-アメリカなどの例とおすすめの事項など

情報通の人はいい医者を選ぶ。格差社会というとお金の問題ばかりが取りざたされる。情報の格差。ITの時代

記事を読む

no image

DICとは?癌のために起こることがある非常に危険な状態

・DIC 出血が全身に起こっているので、ガンのためにDICが起こると非常にヤバイ状態だ。胆裏の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑