脳死移植とそのメリットについて

公開日: : 最終更新日:2015/11/30 医療に関する記事

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。

先進医療であれば法を犯してもいいのかという問題がある。人の生命にかかわることだから、脳死が立法化される前に、医者だけの独断でやるべきこととは思えない。

しかし、同時移植の執刀医グループは、別の提案をこの患者さんにする。もともと腎不全になったのは糖尿病によるものなのだから、ついでに購臓も替えて糖尿病を治せばどうかという提案を医師たちは行った。結果的に日本初の藤賢同時移植が行われるのだが、結果は悲惨なものだった。

移植を受けた側の人。その患者さんは糖尿病による腎不全の患者さんで、透析を受けて三年になる人だった。その人が、人工透析を受けて四年生きられる可能性は二〇%もないと説明されて移植を受けることになるのだが、たしかに仮に脳死判定が法で認められていなかったとしても、それは人助けであるし、諸外国が脳死を認めているのだからという言い訳はないわけではない。

実際はそれは最初の年から数えての話で、三年生きた人については四年生きられる可能性は八九%もあったのだが。

法に触れてまで脳死移植を敢行したのに

実質的な脳死移植の執刀医は、コロラド大学移植外科に肝臓の移植を勉強するために留学したのだが、腎臓の移植はやったことがなかったという。以前、医大でやったことのない腹腔鏡手術を失敗した医者たちが業務上過失致死で訴えられたが、このケースだってそれと大して変わらない、とある専門家は語っている。

いずれにせよ、法に触れてまで脳死移植を敢行したのに、患者さんのメリットになるどころか、その患者さんの社会的生命を奪い、また命まで一年で奪ってしまった。

腎臓はまともにつながらず、糖尿病はよけいに悪くなり、(一説によると、ちゃんとつながっているかどうかを確かめるためにわざとインスリンの注射を行わなかったためとされるが)患者さんは失明してしまう。

その後も、つなげた勝臓が炎症を起こし、それまでは人工透析を受け、インスリンの注射をしながらまともな社会生活が送れていたのに、ずっと入院生活になり、約一年でその患者さんは死亡することになる。死因は購臓の縫合不全とそれにまつわる炎症だったという。

脳死移植とそのメリットについて、皆さんはどうお感じになられるだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇

記事を読む

no image

医療検査技師は医者にさえよくわからない世界

生体検査部門では患者に直接接する機会が多くなり、患者の病院に対する満足度にもその対応が影響する。検査

記事を読む

no image

自律訓練法で簡単リラックス

心身医学療法でよくなったやせ症やせ症は拒食症とも言われ、正式には神経性食思不振症と呼ばれます。自ら食

記事を読む

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周

記事を読む

no image

医者への謝礼は過去の遺産-今はサービス提供が勝負

謝礼を渡さなければ手術で手を抜く、などということがこの現代にあったら、それこそ謝礼どころか訴訟の対象

記事を読む

no image

病気になった!どうしよう!あなたならどうする?こんなとき

病院へ行く前に何を考え、どう医者を選ぶかについて述べるとともに、現在の医療の問題について考えていきた

記事を読む

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開

記事を読む

no image

病院選び-いい医者と悪い医者の分かりやすい見分け方

病気の種類と程度によって、治療方法は二つに大別される。もちろん、痛くて我慢できないなら手術を受けた方

記事を読む

no image

医者が癌になったら-病気の医師が自分で自分を診たがる理由

医者の不養生とはよくいったもので、医者の多くは自分の体に無頓着である。医者は定期検診とか人間ドックな

記事を読む

no image

体位交換とは背中に床ズレができてしまうことを防ぐこと-用語集

医者同士で使うことがある用語を紹介していこう。 ・タイイコーカン(体位交換) 患者さんが

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑