入院患者が強制的に退院転院させられる理由には色々ある

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

病院の区分けをますます進める厚生省の考え方からすれば、大学病院は急性期の病気しか診ないと定義付けられそうである。患者の不満はそういう意味では高まるばかりであるが、国の医療制度が破綻をきたしている現状ではどうすることもできない。むしろその傾向はもっと強まると思われる。すべての産業は自由競争にすべきである。

大学病院に何日間まで入院できるかという法的な規制はないが、入院が長期になることで、入院管理料が下がることから、極力入院期間を短くしようと努力している。しかし、しっかりした転院先を持たない大学病院では、患者を納得させることが難しい。ほぼ強制的に退院、転院を行うしかなくなってしまう。

独占する地域の医療で、もっと医者同士、医療機関同士の競争があれば、患者側にも選択の余地が生まれる。いまは大学病院は地域独占の状況である。それが、建物も古く、医者も横柄な態度であっても、何ら非難されることもなく、医療ができてしまう状況を温存しているようなのだ。

医療もサービス業として、自由競争にすべき時代にきている。医者が足りない時代に新設医大を作り、その医者たちが臨床の場に出てきて、将来には医者の過剰状態になるときに、競争原理を働かせない理由はない。独占していた産業は外圧により、みな倒れていった。

日本の医療が適正に配分されていない

紹介状を持たないと、大学病院では初診料とは別に料金を取るようだが、それはまったく大学病院志向を抑制する効果を果たさなかった。大学病院の受診料をもっと大幅に引き上げるべきではないだろうかという意見は多い。開業医の待合室ががらんとしていて、大学病院の待合室が慢性疾患患者であふれているのは、いかに日本の医療が適正に配分されていないかを象徴する。それには患者自身の病気への理解も重要になってくる。

病院の設置の規制が、競争相手をなくし、大学病院の一人勝ちの状況が続いているのが現状であるようだ。外来患者の数を減らし、高度な医療行為を必要とする患者を診ることだけで、経営が成り立つような医療制度が必要である。既存大学の医学部は、地域に大学病院のほかにも信用できる病院がいくつもあり、競争原理が多少働いている。しかし、新設医大は、できた当時は周囲には何もなかったところが多かったが、いまやベッドタウンとなったところがほとんどで、周囲の住民が大学病院に依存する割合が大きくなっている。

スポンサーリンク

関連記事

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の

記事を読む

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が

記事を読む

no image

サービス業としての病院-来てよかったと思えるものにする

サービス業としての病院についてですが、ある患者さんが病院を訪れ、去るときにはああ、この病院に来てよか

記事を読む

no image

看護師の制服は昔は薄く透けやすかったので

病院の話がテレビドラマ化されると、そのたびに人から美ましがられることがあるようだ。病院では、医者は看

記事を読む

no image

大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のない

記事を読む

no image

実際には医師と看護師の恋愛というのはあまりないらしい

病院もののドラマって多いですよね。必ず登場するのが医者とナースの恋愛。ドラマでは、実際の病院よりも、

記事を読む

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むとい

記事を読む

no image

土日も診療をしている病院の真の目的とは?

病院の中には土曜日も日曜日も診療をしている病院があります。患者にとっては便利ともいえますが、こういう

記事を読む

no image

インクロムボランティアセンターでなら大阪の治験情報が見つかる

インクロムボランティアセンターは、大阪で行われている治験の案件を取り扱っているサービスです。大阪の治

記事を読む

no image

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していなが

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑