入院患者のトラブル-ライバル感覚からくる争い

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

患者さん同士にはライバルという感覚があります。特に、同じ時期に同じような手術をした人たちです。

同じ日に、ひざの手術をしたどちらも60代の女性だったりすると、

Aさん:Bさん、まあ、まだ立つ訓練も始まらないんですか?
Bさん:痛みもあるし、ひざもあまり曲げてないし。
Aさん:ひざを曲げる訓練ってつらいんですよ。ガンバッてくださいね。

励まされるどころかよけい不安になってしまう

残されたBさんは、励まされるどころかよけい不安になってしまいます。薄ら笑いを浮かべて、Aさんは松葉杖を上手に使って立ち去ってしまいます。こんな穏やかなライバル意識ならまだよいほうで、もっとひどくなると、

Cさん:グズグズしてるからじゃない?先生にも見放されたんだわ。あなたきっと一生歩けないんだわ。かわいそうに。まだ立つ練習もしてないの。
Dさん:ひざの腫れが引くまでは先生は、あわてないで、訓練も少しずつ進めましょうっていってくださるの。
Cさん:そうかしら?あなたって何やっても、グズでのろまでダメな人なんだわ。

けっこうあるようです、こんなイジメが。まさに病院内高齢者イジメの世界です。こんな会話が交わされることもあるようです。

Dさんが医者に、センセェ〜、ワタシったら~泣いてばかりいるの、いつもCさんにイジメられて、といいつけるので、発覚するのです。

Cさんにことの真相を尋ねても、リハビリもガンバッてほしいと思って、Dさんにハッパをかけたんです。

いつもイジメおばさんとイジメられおばさんは、タイプに共通点があるようです。きまってDさん役は甘えが鼻につくタイプです。Cさん役はサバサバしたその場を仕切ってしまうタイプ。決して否定はしません。だから本当の出来事だったのでしょう。

でも、人間の体は個人差があり、手術前もかなり状況が違います。それで悩んだり、ノイローゼになったりしてはつまらないです。手術の成果も微妙に異なります。ライバルと比べて、一喜一憂しても仕方ありません。同じ手術をした他人は、ついつい比較しがちです。

スポンサーリンク

関連記事

no image

放射線技師資格者と医者同士の微妙な関係とその難しさ

画像診断はこれからも進歩を続け、専門職としても重要性はますます高まるが、病院内部では、なかなかその立

記事を読む

no image

非公開求人多い医療求人サイトはここで見つかる!

非公開求人は、一般に公開されている求人よりも条件の良い求人が多くあると言われています。ですので、同じ

記事を読む

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカル

記事を読む

no image

日本の名医と呼ばれる人の条件-多少の演技が必要

名医の条件とは何か。まず挙げられるのは、演技がうまい医者でしょう。現代社会では、医者もクライアントで

記事を読む

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もい

記事を読む

no image

献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼って

記事を読む

no image

看護のお仕事はつらくずっと寝ていたいと思うもののようだ

ナースをはじめ女性の医療スタッフは、患者さんがうらやましいわねぇ、一日じゅうゴロゴロ寝ていられるし、

記事を読む

no image

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった。病院で研修を受け、そのうえで、何科に進むかを決め

記事を読む

no image

医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない

記事を読む

no image

手術用メスが飛ぶとき-上司の研修医への扱いはヒサンなものだった

たとえ見習い期間中であろうと、人の命を預かることにかわりはないのだから、ミスは絶対に許されない。ふつ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑