おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあります。とてもよいことであると感じています。しかし、いまだに一部の医療機関ではフチ切りといって患者さんに薬品名を教えないようにしているところもあるようです。あるクリニックで薬のフチが切ってある場合は、その理由を尋ねてみるといいでしょう。しかし、その場合、医者の機嫌をそこねて、関係が悪くなることも十分に予想されますので注意は必要です。もしも医師との関係が悪くなると、よくありませんから、あまりおすすめはできませんが。

わかって飲みたい自分の薬

自分の健康は、自分で守るのが大原則です。医者は専門的知識をアドバイスするだけなのです。もうすぐ二一世紀がやってきます。二一世紀の医療がこんなおまかせ医療でいいわけがありません。自分の健康を維持するために、自分の胃袋に入れる薬です。自分が飲む薬が、どんな薬なのか、ある程度把握してから飲みたいとは思いませんか?

先生、私には絶対、副作用のない薬をくださいね。先生にすべておまかせしています。私は薬のことはなんにもわかりません。医師は時々、患者さんからこのようなことを言われて当惑することがあるようです。これらの発言から共通して考えられることは、患者さん自身が自分の病気や薬について勉強する気がないということです。

二一世紀にはおまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換させて行かねばなりません。外来に薬の見本の一覧表を置くとともに、いつでも医者からもらった薬がわかる本(法研)を見て、自分の飲んでいる薬について勉強してくださいと言っている医師もいるようです。しかし医師が、患者さんにご本人の飲む薬について何度となく説明しても、アルファベットがまったく読めない患者さんやおっくうがって薬の知識を得ようとしない患者さんもいらっしゃいますので困ってしまうといいます。

スポンサーリンク

関連記事

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だか

記事を読む

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

お医者様選びのヒント-色々なケースに見る質の高さや低さ

データ的には6カ月くらいだとしても、あくまでもそれは平均値。「厳しいですね」は、患者の命が長くないこ

記事を読む

no image

女医でプライドのかたまりのような人は嫌われるらしい

女医のいいところは、患者に対してまめに接し、細かい点まで目が行き届いて治療もていねいだということ。し

記事を読む

no image

カテーテルとは-その意味と多くの種類-医学用語集

・カテ(Catheter) このカテーテルには多くの種類があり、それに応じていろいろなことがで

記事を読む

no image

働けると見なされれば生活保護は受けられない

働けると見なされれば生活保護は受けられない。お金もないので、薬はもらえず、さらなる検査や手術も受けら

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

終末期の定義と厚生労働省

後期高齢者終末期相談支援料は、凍結されたが、厚生労働省は医療費を減らすために、このような考えを持って

記事を読む

no image

病院で名前の呼び出しがされるときの勘違いや間違い

病院では、同じ名字の患者さんはいっぱいいますから、たいていは、診察をお待ちの鈴木スズさん、鈴木さん。

記事を読む

no image

無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑