女のわがままに最も対処できるのは

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・もっとも女のワガママを知りつくした医者

技術的には世界でも最高のレベル。現在の日本の美容整形外科は格段の勢いで進歩している。マスコミをにぎわせている手術のトラブルも、ごく一部の時代遅れの病院が成せるワザと、ほかの科と比較して、案外早い時期に開業することの多い美容整形外医は胸を張る。実際、二重まぶたの手術などは、ごく一般的なものになりつつあるようだ。O子がとてもキレイに二重になったからアタシもあきれて驚くホンネと言い分アタシもキレイになりたい・・てな具合で、病院ならぬ美容院なみのライト感覚だ。

夏休みともなると、評判のいい病院には、女子高生たちが友だちと連れ立ってひっきりなしに出入りする。東京都のA美容外科におとずれたKさん。豊胸手術を受けたいという。もともとペチャパイの彼女、3年前に2人目の子どもを出産したとき経験した豊満なバストが忘れられないのだそうだ。家庭的にも円満そう。なんで今さらと不思議がる医師に、先生にはペチャパイの気持ちがわからないの?授乳していた頃の、お乳が張って困ってしまう感じって夢みたいなのよ。ああ、またあのホルスタインのような胸になりたいッ。なるほど、ホルスタインねえ。

小ちゃくってカワイイ胸が好きだった

しかし、そうこうするうち、Kさんが再び外来をおとずれた。聞けばまたもとの扁平な胸に戻してほしいとのこと。主人がね。小ちゃくってカワイイ胸が好きだったって、後になって言うものだから。ああそうですか。元に戻すのは簡単だ。脇の下の小さな切り口から、挿入した生理食塩水のパックを、また取り出せばいいのだから。そうかと思うと、エリザベス・テーラーのようなゴージャスなバストが自慢のNさんは、35歳を過ぎて、ちょっと垂れてきた自分のバストがもうガマンならない。

乳首をね、もっと上につけて、それからね、少し小さくしたいの。このままじゃ重くって。それにしてもO美容外科は、お望みとあらば、それこそ、どんな手術もできるといっていい。しかも、安全性と傷口の目立たなさは長年研究してきただけあって、一般人の想像をはるかに上回っているだろう。世の人々の中で、女性のワガママを最も深くキモに銘じているのは、どうやら美容外科医かもしれない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研修医の仕事-都会から地方病院に行ったらモテる

研修医は普通は外来の新患は診ない。初診は怖くて診られないし、病院としても診させられないというのが正直

記事を読む

no image

成績は遺伝ではない

私は小学校のときは、とても勉強ができて、西日本の模擬試験でもトップをとったことがあった、というある人

記事を読む

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼って

記事を読む

no image

人間はコンピューターと同じではない

壊れた臓器を新しいものに交換するという発想が機械の修理みたいで何かひっかかるという専門家がいます。た

記事を読む

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

胃薬も処方しましょうかと聞かれたら断ってもかまわない

医者の言葉にもがつくときは、この薬もいっしよにを断ったほうがいいときもあるのです。最近、単なる風邪と

記事を読む

no image

医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いま

記事を読む

no image

大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のない

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑