看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の立場に対する中途半端な状況にやりきれないものを感じるようになる。そこでいま、看護診断やクリティカル・パスというアメリカの看護理論が導入されようとしている。

その看護診断の権威のような看護師がアメリカから講演に来れば、その会場は満員となる。いかに看護師が、自分たちの仕事の新しい方向性を求めているかがわかる。とりわけ上昇志向があり、意歌的な看護師も、看護学を勉強していくと、医者の研究と同じ過ちを犯すようになる。つまり、臨床に即さない、空論の看護学になりかねないのだ。現にアメりカのそういった資格を持つ看護師は事務的な仕事が増え、患者と接する時間は言わめて短くなるという。

そこには、医者からの命令で動かなくてはいけない看護師たちの苦しい現状があるようだ。チーム医療などと原則をいったところで、結局は医者の下働きになってしまういまの医療の仕組みに、上昇志向の強い看護師たちは不満を持っているのだ。

看護師不足といわれた状況が

看護師も医者の世界と同じように、専門志向を持って医療に従事するタイプと、病院という環境を楽しみながら、将来の展望をあまり持たないまま過ごすタイプに分かれてしまう。適当に遊びながら勤務するというタイプの看護師もいれば、看護そのものに生き甲斐を見い出す看護師もいる。しかし、いずれのタイプであっても、何年か大学病院に勤務することで、看護師の仕事の限界を感じていくのが普通である。

退職願を出すと、まず総婦長がそれを止めるのが恒例となっていたが、いまや、誰も止める上司はいなくなった。病院側にしてみればほうが、人件費の面では経営上都合がいいようだ。全般的に看護師の立場や環境は、最近の十年を見ても大きく変わったとは思えない。

いまや大学附属看護学校を卒業しても、自分の附属病院に就職できない現象が起きている。看護師不足といわれた状況がまったくウソのようになっている。失業のない看護師と思われていたが、実際には他の病院への就職が難しくなってきたために、大学病院を辞める看護師が減っているのが実情である。しかし、不況であっても他の業種に比べ、仕事があるということは、やはり資格を持った職業の強いところである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

産婦人科の先生が転職する際に利用したい会社

産婦人科の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。産婦人科であれば求人がすぐに見つか

記事を読む

no image

経営に必要なノウハウとは-病院の経営は必ず行き詰まる

開業する予定のある人が、経営の研究をしていた。その人によれば、どんな事業でもそうだろうが、合理的な経

記事を読む

no image

精密検査を病院で行うことは人によってはマイナス効果になることも

検査の中には体力を相当消耗させるので、健康上に悪影響をもたらすものもある。それでも必要だからするのが

記事を読む

no image

医者が診断で不安なときに使う「とりあえず念のために」

とりあえず、念のためにという意味で使っている医者が時々いるようですが、これは自分の診断が不安だから、

記事を読む

no image

歯科治療は今と昔では全く違うものになっている

歯は一生もの。歯科医の治療法は変わりました。すぐに削る歯科医には通わないほうがいいようです。歯を悪く

記事を読む

no image

後期高齢者終末期相談支援料

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断さ

記事を読む

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

ピアスをつけたチャラそうな医者に診てもらっても大丈夫?

医師と患者は上下関係のように感じていた人もいるでしょうけれど、患者さんと医者はごくごく普通の人間関係

記事を読む

no image

病気の症状の診断の際にどううまく伝えるか?

~あなたの症状を医者にどう伝えるか~ ここでは、要領よく簡潔にあなたの言いたいことを伝えるポイ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑