リウマチの症状は接骨医院、ハリ治療、漢方薬では治らない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある女性が、リウマチにかかったが、数年前から病院に通っているけど、いっこうによくならないの。大学病院に行くとれ診てもらうだけで一日がつぶれるでしょ。だから一か月に一回行ければいいほう。それでなのか、先生はハッキリしたことをいってくれないのね。しかたなしに整形外科に行ったり、接骨医院、ハリ治療、漢方薬と試してみたけど、お金ばかりかかって何にもならなかったわと嘆いていた。

リウマチを根本的に、医療制度に立って治していこうという動きが、日本では起こらない。また、治す気ゼロでも治療はする医者という医者も存在するようだ。働く女性が増えたことや、職場のOA化に伴って、原因のハッキリしない病気にかかる女性が増えている。コンピューターやワープロのオペレーター、キーパンチャーなど、体の一部を酷使する仕事に従事している女性に多いリウマチもその一つである。

再び襲ってくる痛みに耐えながら仕事を続けることに

これらの治療は一時的にはラクになるものの、根本的な治療とはいえない。だから、高い治療代をかけても再び襲ってくる痛みに耐えながら、仕事を続けることになる。節々に痛みがあるので関節炎だと思って、ハリやマッサージに通う女性が多い。ハリやマッサージに通い続けても、その時だけ楽になって、またハリやマッサージに通わなくなると痛み出すようなことはよくあるようだ。

女性ばかりか、いわゆる。テクノストレスをはじめとした、職場環境の激変から生じるサラリーマンの新型の職業病に対しても、行政や医学界の取り組みはいまいちなようだ。こうした病気はガンや臓器移植などと違って、研究しても脚光を浴びることが少ないからである。いくら男女雇用機会均等法といっても、働く女性が悩むリウマチへの医療対策はお寒いかぎりである。リウマチ専門の外来はあるにはあるが、老人も含めて年間数百万人ともいわれる患者数からすればないに等しい。

スポンサーリンク

関連記事

no image

ヤクザ屋さんが患者の場合に好かれる場合があるらしい

老人患者に対応できる充分な人員の確保は、人件費の問題からいって経営を圧迫することは目に見えている。高

記事を読む

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業とい

記事を読む

no image

人を助ける仕事をしにきたつもりがギャップに驚かされる医局

最近でこそ患者が主役という言薬は使われるようになってはきたが、まだまだ大学病院の主役は主任教授なので

記事を読む

no image

憧れの芸能人が病院に来たときの医師の心境

・憧れていたタレントを診察するときの医師の心境とは? H市民病院の内科に勤めるW氏はある俳優に

記事を読む

no image

お見舞いに花は定番だが迷惑になる場合もある

お見舞いに持っていく品の定番はお花です。鉢植えは根付く、つまり寝付く、病気が長引くという意味から、縁

記事を読む

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けない

記事を読む

no image

医者になりたいと思い実際になってみると感じる大きなギャップ

医者の子弟は、医療の現実を見てきているから、医者はこんなものだという見方ができている人たちである。親

記事を読む

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書

記事を読む

no image

病院にやってきたホームレスに苦戦した医師たち

年齢不祥、髪は脂とホコリでべとべと、おまけに目にツーンとくるほどの異臭を漂わせた、典型的なホームレス

記事を読む

no image

風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれて

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑