論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがにそれは突き返されたというエピソードもあるようだ。そのレベルでの論文がほとんどだから、こういった雑誌に掲載される論文が医学的意味を持たないのは明確であるという話だ。

多少、学内の審査はあるものの、雑誌編集をする側からの内容チェックは入らない。研究にオリジナリテイーなどというものは要求されない。大学の研究雑誌の最大の目的は博士論文の掲載である。その内容を掲載して学会誌ということになってはいるようだ。一応自分の大学内で学会という形態をとり、なれあいの発表をしているらしい。

そんな環境での研究であるから、マンネリ化は避けられない。同じような研究の情み重ねに耐えることができないなら、日本の医局にいることはできない。ある国立系の医局で君は同じことが続けられないなら、研究者にならないほうがいいと教授が言ったという。

医学的意味というのは

医学的意味というのは、臨床的に応用でき、最終的には患者に利益をもたらすことだが、多くはそういう論文ではないということだ。意味があるのは、それを書いた医者の研究業績に数えられるということだけであるらしい。医学博士論文はその程度のものである。

日本のすべての医学研究がダメと言っているのではない。むろん必死に世界レベル、医学を変えるような研究に挑んでいる研究者がたくさんいることも知っている。しかし、その一方で、医学研究という仮面をかぶり、まったくどうでもいいような研究を続けている医者たちがいることも、まぎれもない事実のようである。

つまり、臨床研究というのは、同じ病気の患者百名について血液検査の結果を集めれば、何らかの論文にはなる。しかし、それには医学的価値はない。あるのは、論理的な思考と、論文という体裁をなした原稿だけである。それが博士論文を書いたあとも基本的には延々と続くのが、大半の日本の医学研究であるようだ。

懸命に努力する医者と、そうでない医者たちを同じようにとらえることは危険だが、それが十分に知られていないのは、もっと問題だ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業とい

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

生検とは-その意味とその他にも医学用語をいくつか紹介

・生検(セーケン) ここでは生検について話をしよう。検査法は、ポリープとかの細胞の一部を削り取

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

グレーゾーン的な仕事が多いといわれる医師

医学や医療に関係のない方とお話していますと、医学への信頼もあってか、医学的治療を白か黒やall or

記事を読む

no image

名医とは-手術の腕だけでなく患者への対応も見ておこう

たとえば高血圧の初期は、症状が何もないので、自分で勝手に通院をやめてしまう人がいる。そういう人が体調

記事を読む

no image

何でもかんでも薬漬け医療だというのは少し違う

現代の医療は、薬漬け医療だとよく言われることがあります。医者が必要のない薬をたくさん出したり、患者の

記事を読む

no image

エントラッセンとは?退院のことを英語でこう呼ぶ-用語集

・エントラッセン(entlassen) 若手医師にうっかりこの患者は今日の午後にENTだなどと

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。やはり女性は、ワイドショー的な

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑