研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ

これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてきたのだが、今回は教授に強くすすめられたのと、懸命に取り組んできた研究を人に認めてもらいたいという素直な思いが手伝って、つい引き受けてしまった。研究テーマは学位を取るため専攻していたものなので、それほど難しい発表ではないが、彼には極度のアガリ症という問題があった。今回初めて学会に自分の研究論文を発表する機会を得た。H氏は外科医になって10年。

心の準備もできないまま迎えた発表の当日は、睡眠不足と疲労とで最悪のコンディションのH氏であった。
ただでさえ多忙な外科医で、しかもキャリア10年といえば、現場の第一線として最も頼りにされる時期である。当然ろくな休息もなく、学会の日は刻々と近づくばかり。

名前を呼ばれて控室に行くとき、H氏は早くもめまいがし、イヤな予感がした。さて学会の会場は、さる医科大学の大講堂である。そして、ついに自分の番がやってきた。みんな医者だ。同業者だ。階段の教室に座る全員の視線が彼1人に集中している。教壇に向かおうとするのだが、足がすくんで動けない。これほど大勢の医者の前で、オレは話すのか。

崩れるようにバタンと倒れてしまった

気がつくと、ガシャン、ガシャンと右手と右足が一緒に出ている。ギクシャクと壇上を進むH氏は、まるでロボットだ。必死の思いで壇上に立ち、論文の最初の1行を読んだ。しかし次の1行が続かない。H氏の顔は青ざめ、汗が吹き出している。そして、H氏は片手で胸を押さえ、その場に崩れるようにバタンと倒れてしまったのである。場内は騒然。主催者たちが大あわてで駆け寄る。

(くそ、狭心症か?こんな大勢の医者たちの前でブザマな)。ステージに仰向けになり、わが身の不運を嘆くH氏。一方、満場の客席ではあちこちから声が上がった。なんだ、どうした医者を呼べ、医者だ!早く医者を!口々に医者が叫ぶ。H氏はしだいに薄らいでいく意識の中で思った。ここはどこ?私はだれ?

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

海外で行なわれた研究に学者たちが飛びつく理由や内情

海外の医学を日本に持ち込み、日本の医療を進歩させるというやり方はいまだに続く。そのやり方を続けている

記事を読む

no image

素人判断をして指示に従わない患者の数が多い

素人判断をして、指示に従わない患者さんは、すごく数が多いようです。不安感が強く会社にも行けないといっ

記事を読む

no image

研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省

記事を読む

no image

無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に

記事を読む

no image

病院へ行く理由がないのに何度もくる老人が多いらしい

昔から4コマ漫画では、病院の待合室にいるお年寄りが数人集まって、今日、〇〇さん来てないけど、病気にで

記事を読む

no image

大病を患った患者の場合、家族を呼んで話をすることがある

医者の言葉のウラに隠されたやホンネを知っておくことで、医者に対して的確な質問をすることができます。自

記事を読む

no image

内臓逆位で心臓も逆に!?鏡の世界に戸惑うお医者さん

・鏡の世界のお医者さんと患者さん 検診の結果報告のため、わざわざ担当医に呼びつけられたGさん、

記事を読む

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカル

記事を読む

no image

研究、教育、診療の3つをうまくやっていくことは不可能という意見

学会発表の内容は学会レベルではチェックするが、第三者機関でチェックするようなことはない。同じような学

記事を読む

no image

医者に質問-先生は休憩や食事などは取っているのですか?

教室での勉強から病院での実地学習が始まり、医者の実態がわかりかけてきた時期のこと。ある医学生が病院の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑