働けると見なされれば生活保護は受けられない

公開日: : 最終更新日:2016/04/04 医療に関する記事

働けると見なされれば生活保護は受けられない。お金もないので、薬はもらえず、さらなる検査や手術も受けられない。健診でせっかく病気を見つけても、悪くなるまで放っておいて、入院するようになってから生活保護ということは十分ありえる。

貯金がある間は受けられないので、貯金が尽きるまでは、その貯金で医療費を払う。そして、貯金がなくなった段階で生活保護に切り替える。これには、一つの問題がある。たしかに入院するような大病の場合は働けないわけだから、生活保護でも、血圧が高いだとか糖尿病があるとかいう場合、自覚症状がなまう。初期のがんが見つかった場合もそうだろう。

これは将来の医療費の無駄遣いになるし、何よりも患者さんにとって不幸だ。しかし、一方で、保険に入っていない人に簡単に医療を受けさせるなとか、生活保護を認めるなという圧力がかかることも十分予想される。そうでなくても公的保険が赤字なのだ。これでは、大変である。

医療費がタダになるわけではなく

問題は、保険に入っているからといって医療費がタダになるわけではなく、一三割の負担をしなければいけないことがある。この金額もバカにならない。格差社会の負け組とされる人は、年収一五〇万円とか二〇〇万円くらいが当たり前の数字だが、血圧が高いだの、ほかの余病があるだのと、検査と薬を合わせると月に五万円くらいはかかってしまう。二割負担であっても一万円になる。食費を月に二万円くらいでやっている人にとって、一万円は大きい。

保険料を払っている人が二割、三割の負担をするのに、保険料を払わなくても病気になれば簡単に生活保護が受けられて、生活保護だとタダですんでしまうのなら、みんながバカバカしくて保険料を払わなくなってしまう。世論も役所もそれを許さない可能性は小さくない。少なくとも、今でも生活保護が財政難のために断られる人が多いのが、今後はもっとそうなっていく可能性が高いのだ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院内恋愛-職場の規律を乱すほどの深刻なものもあるようだ

歴史のある大学病院の中には医師と看護婦の恋愛はご法度という不文律を持つところがある。聖なる職場で恋愛

記事を読む

no image

医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いま

記事を読む

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集

記事を読む

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい

記事を読む

no image

医者になりたいと思い実際になってみると感じる大きなギャップ

医者の子弟は、医療の現実を見てきているから、医者はこんなものだという見方ができている人たちである。親

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

医学部ジッツ-特定の大学の息のかかった病院-用語集

・再受験 他の学部に比べて医学部は再受験が多い。世の中をいろいろ見てきているので、人間としての

記事を読む

no image

病院の受付に行く前に案内所を利用すると迷いません

たいていの病院が初めはそこそこの大きさの建物でした。ところが、外科から整形外科が独立し、麻酔科も独立

記事を読む

no image

実習をやっていない人間が外科医になるのは現代の怪なのか

よく、頭でっかちの医者は患者さんの心がわからないなどと言われる。「解剖のテストは満点だが、実習をやっ

記事を読む

no image

日本の医療制度の問題点について

医学の最先端の研究の重要性は論を待たないところです。しかし、現在では臓器別医学の限界、来るべき高齢化

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑