精密検査を病院で行うことは人によってはマイナス効果になることも

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

検査の中には体力を相当消耗させるので、健康上に悪影響をもたらすものもある。それでも必要だからするのが本来の姿だが、最近は必要以上の検査をする傾向があるようだ。内科医は少しでも怪しいと思えばもちろんのこと、念のためにと何日間にもわたって検査を続けることになる。その背景には、点数の高い検査を求める経営的な圧力もあるらしい。

MRゃCTなどの検査でも、前日から絶食し、造影剤などを飲まされる。内視鏡や穿刺して行う造影などの検査はつらいものである。検査で体力を消耗するなんて信じられないという人がいれば、それは検査を受けたことがない人だ。
異物感で内臓が収縮を繰り返し、気持ちが悪いことこの上ない。健康体ならどうってことはないが、老人の患者は特に体力を消耗するため、一日おきとか、日数をおいて行うことになる。

精密な検査ができるようになったものの、精神的にも肉体的にも患者にダメージを与えるというのは、医療の進歩とは裏腹である。検査が続くうちに手術に耐えられる体力がなくなり、あるいはガンが進行して手術したら手遅れだったというケースもある。

現在の医療水準に対応できない

病院は数億という高価な機器でも購入せざるをえない。患者にできれば来てもらいたくない国公立の病院でさえも、医療設備を整えておかなければ現在の医療水準に対応できないという。そうして購入した機器は積極的に使われるそうだ。手術は、最初に診察した内科医に打診し、外科医のほうでも必要と判断されたら行われる。患者に最初に接するのは内科医であり、診察・検査を慎重に行って診断を下す。その助けになるのが、最近次々に開発される革命的ともいえる機器だ。

検査づけの内科に対して、切りたがりの外科がある。それというのも内科医を信じていないところがあるからだというのだ。検査を続けていると病気が進行してしまうので、とりあえず手術をして、患部を直に診たほうが患者も体力を消耗せずにすむのではないか、というのが外科医の発想であるようだ。手術になれてきた頃の外科医は、何でもかんでも切りたがるという。

しかしそれは、切るためのいい訳にしかすぎない。切りたくなる年齢は医局に入って五年以上経ち、手術のイロハを覚えて一本立ちする三十代半ばから後半にかけてだという。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが

記事を読む

no image

医学部の過去問-やってできないところを分ける

最後の模試でE判定から受かる人がいるのも、まぐれとか、たまたま相性のいい問題が出たということ以上に、

記事を読む

no image

東大の医学部で偏差値が高いからとかいうのは

神経内科と救命救急センターで働くレジデントをやった。そこで人の生き死にに毎日のように直面していると、

記事を読む

no image

脳死、安楽死の問題-早くラクにさせたほうがいいのか

脳死と並んで問題にされているのが、いわゆる安楽死、尊厳死である。口腔ガンや鼻腔ガンは末期にはほかのガ

記事を読む

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時

記事を読む

no image

床屋の白衣が招いたある誤解

ある理髪店では、順番待ちをしている人たちがいた。しかし、突然、「これはたいへん」と店主のAさんは店を

記事を読む

no image

医師の善意や診断能力に差があるか?

~医師の善意や診断能力に差があるか~ 一つ興味深い話題をあげましょう。ここに四とおりの医者がい

記事を読む

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が

記事を読む

no image

鑑別診断とは-DDxという文字で表される-用語集

・DDx(鑑別診断) Dxの前のDはディファランシェイティッド、つまり区別されたの意味だ。Dx

記事を読む

no image

病室に騒音が響いて寝れないときの対処法

ただでさえ雑音の多い夜間の病院です。たとえば、急に容体が変わった患者さんがいれば、当直のナースやドク

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑