いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない、勉強の楽しさを知った、とある医師は語る。高校三年生の受験生のときに、要領のいい勉強法に目覚めて、成績がどんどん上がっていったし、受験のテクニックも磨かれていった。それなりに楽しい受験生活を送っていた。

精神分析だけでなく、いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった。この経験のおかげで、いろいろな種類の精神医学を勉強する気になり、今は日本で森田療法の勉強会に通っている。

当時の私はテクニックを開発する喜びや成績が上がる喜びはあっても、勉強する内容のほうは面白いと思えたことはなかった。医学部に入ってからも、ろくに授業に出ていないから、本当は面白いのかもしれないが、授業あるいは教科書が面白いと思ったことはなかった。

授業にきちんと出ていても面白いと思えなかった

勉強がつまらないからといって悲観する必要も、それを避ける必要もない。勉強を楽しめというのはある種の理想論であるし、勉強が楽しくなくてもよい点はとれる。極端なことを言えば、暗記数学などというものはもっともつまらない勉強法だが、それでもよい点をとるには効率的なものだ。

当時の授業の雰囲気や、私の性格からして、おそらく授業にきちんと出ていても面白いと思えなかっただろう。留学は、生まれて初めて勉強が面白いと思った体験である。逆に言うと、勉強が面白くないのは高校生くらいまでだと当たり前かもしれない。

受験生のときに、いくらいい成績でもーたとえば東大の理Ⅲに入れるような成績でもー、それが医者になってから直接役に立つものではない(英語は役に立つが)。肝心なのは医者になってからの勉強である。私はなりたくて精神科医になったのではないが、精神科医になって幸せだったと思うし、これからも、私はこの仕事を続けると思う、とある医師は語った。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研修医の給料は安いが頑張ればいつか高給がもらえる?

日本では研修医に対して補助金が国から出てはいるものの、実際には特別なカリキュラムがあるわけではなく、

記事を読む

no image

新人ナースを嫌がる患者さん-しかし嫌なことばかりではない

学ぶエネルギーに満ちあふれ、フレッシュな気持ちで患者さんに接してくれる看護実習生。実習生は、たいてい

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

看護師で彼氏のいない人のクリスマス事情

不思議なことに、クリスマスの夜勤を好むナースもいるのです。彼氏なし夜勤が救いのクリスマス。大晦日やお

記事を読む

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

医者の免許を持っていれば二年の臨床研修で何科でも開業できる

医者の免許を持っていれば二年の臨床研修で何科でも開業できる。 地域医療をやっていれば、内科医だって

記事を読む

no image

研究のための研究-先見性や医学の進歩など関係のない世界

多くは海外の研究方法や新しい医療器械をどこよりも早く導入し、それをあたかも自分の研究のようにしてやる

記事を読む

no image

処方薬を出してもらうことを期待するという傾向

これはある医者がいっていた話ですが、ある女性が胃の調子が悪いというので、胃カメラによる検査などをひと

記事を読む

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当

記事を読む

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカル

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑