精神科医におすすめの転職サービス

公開日: : 最終更新日:2016/08/20 医師求人

精神科医の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。というのも、精神科医向けの求人が少ないからです。ご自分で探すと分かると思いますが、なかなか良い求人が見つかりにくいです。もしも、ご自分で探すのであれば、転職支援サービスを利用したほうがいいと思います。

転職支援サービス大手のエムスリーキャリア医師転職ドットコムなどを利用すれば、数万件の求人を保有しているので、精神科医向けの求人も見つかりやすいです。どうしても良い求人が見つからないのであれば、こういった転職支援サービスを利用したほうがいいでしょう。

求人数が多ければ多いほど、良い条件の求人に出会いやすいですから、本気で将来のことを考えるのであれば、転職支援サービスを利用して、しっかりと転職先を探したほうがいいと思います。転職支援サービスは無料で利用できますので、利用しやすいでしょう。

精神科を選ぶ医師

最近は、医学の世界でもご多分にもれず超多忙で体力のいる外科系は、敬遠されるらしいです。医学生は卒業間近になると、どの科を選択するか大いに悩む。

精神科を選ぶというのは、かなり勇気のいる行為です。それどころか、多くの医学生にとって、その選択はハナから考えもつかない、とんでもないことなのです。精神科の問診はどんなに短くても30分、1時間などザラ。しかもそのやりとりは、どんな調子ですか?眠れないんです。布団に入っても寝つけない?いえ、眠れないから布団に入らないんです。終始こんな感じなのです。

ほかになにか?幻聴が聞こえます。どんな?だれかが話しかけてくるような。だれかな?知っている人?こんな会話がえんえんと続く。患者の言うことに飽きもせずにウンウンと耳を傾け、それは親身になって話を聞く。実習が終わるとだれもがグッタリとして、頭の中がぐわんぐわんする、と。

それでも、精神科を選ぶ先生はいます。仕事は本当に大変ではあるのですが、やりがいもある仕事なのでしょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

転職したい乳腺外科のドクターのお役立ちサービスを紹介

乳腺外科では、手術ができる医師であればもちろんいいのですが、手術ができない医師でも、病院側からのニー

記事を読む

no image

大変役立つ耳鼻咽喉科の医師が利用したい求人紹介会社

耳鼻咽喉科の求人数はそれほど多くはありません。街を歩くとそこら中に耳鼻咽喉科のクリニックがあるので、

記事を読む

no image

Dr.転職なびの口コミを紹介

Dr.転職なびは、常勤医師のための転職サービスで、他にも、Dr.アルなびという、アルバイト求人を紹介

記事を読む

no image

これは必見!夜診の先生が見ておくべき転職支援サービスとは?

夜診の求人を探す場合、すぐに見つからない時があります。そんな時には、医師転職ドットコムやエムスリーキ

記事を読む

no image

ここはいい!症例数の多い病院への転職が可能な紹介サービス

症例数が多いということは、医師の成長を早めてくれることになります。また、諸霊枢が多いということは、そ

記事を読む

no image

脳神経外科の先生必見の求人紹介サービスをご紹介

脳神経外科は、医師数が少ない分野です。脳神経外科の必要医師数は、何と1000人も不足していると言われ

記事を読む

no image

これで完璧!週2日以上勤務の医師求人が紹介してもらえるサービス

もしも週2以上の勤務の求人を探しているのであれば、非常勤求人に強い医師求人支援サービスである、Dr.

記事を読む

no image

外科と内科の先生が良い求人を見つける方法

外科と内科の先生が良い求人を見つけるには、エムスリーキャリアや医師転職ドットコムなどの転職支援サービ

記事を読む

no image

これで給料アップ!血液内科の求人を楽に見つけられる方法

血液内科医として勤務し腕を磨き、血液専門医になりたいと思われている先生は多いかもしれません。また、血

記事を読む

no image

40代50代60代の医師転職ドットコムの口コミ

40代50代60代の医師転職ドットコムは、その名の通り、40代50代60代の医師の転職をサポートして

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑