セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九州に住む義理のお母さんは、数年前の三月一二日に急に倒れ、町の病院に運ばれました。CTなどによる検査の結果、クモ膜下出血と診断されました。

この病院では十分な治療ができないので大きい病院に転院しましょう。その病院の医者はクモ膜下出血に間違いありませんといい、県庁所在地の市内でも有名な病院に転院させました。五〇歳代の脳外科部長であった担当医は、クモ膜下出血です。頭の前のほうを開いて手術しますと、Gさんに会うなりいったそうです。一三日に入院し、一五日に診断が出され、Gさんが親戚からあなたは医者なのだから様子を見てきて欲しいと依頼されて一七日にとりあえず九州の病院に行ったときのことです。

ところが、二一日が手術日と決まりました。担当医は脳に水が溜まる正常圧水頭症だといったそうです。一刻を争うはずのクモ膜下出血で、倒れてから一〇日経って手術というのは、のんびりしすぎではないか、とGさんはそのとき思ったといいます。頭に溜まった水は管で腹膜の中に落とすシャント治療をやれば脳圧が下がるというのが常識でした。その後輸血を繰り返し、Gさんが五月に担当医に会いに行ったときには体も起こせず、しゃべれない状態。

シャント治療は考えていない

ところが、その病院はシャント治療は考えていないというのです。不審に思ったGさんは、知り合いをはじめ、多くの脳神経外科医に聞いてみましたが、みんななぜシャント治療をやらないの?と不思議がっていました。

そこで、六月に担当医にシャント治療をやってくださいと電話で頼んだのです。ところが、とりあえず高圧酸素療法で様子を見ていますとの回答でした。もう一度手術をして患者が死亡したらどうしょうと、それが怖くて簡単なシャント治療もできないのではないかという声もありました。担当医は現在の状態では全身麻酔をかけて二一時間の手術はできませんと言いました。

Gさんはこれ以上、この担当医のいいなりになるわけにはいかないと、義母の家族に相談、東京の大学病院に転院させることにしました。転院すると、東京の大学病院の脳神経外科に転院、翌日患者の脳内の髄液を抜いたら急激に回復しました。そして1週間後シャント治療をやったところ、その翌日から頭はスッキリし退院できたようです。こういったことは実際にあるようです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

医者を志すのは若いほどいいのか?

アメリカの場合などは、メディカルスクールといって、大学を出た人が医学部のような学校に入る仕組みなので

記事を読む

no image

病院医局の内部-息を潜め教授の意見に黙って従う世界

医学部のさまざまな管理機構には、外部からの影響がほとんど及ばないという。そのために学長や理事長という

記事を読む

no image

心房中隔欠損症とは-ASDという心臓内部に穴が開く病気-用語集

・ASO(抗ス卜レプ卜リジン) 溶連菌(ようれんきん)というバイ菌に感染したかどうかの指標。

記事を読む

no image

脂肪肝とは?痺せたりお酒をやめれば元どおりになる-用語集

医者が病院で使っている用語はたくさんあるが、その中でいくつかの用語を紹介していこう。 ・シボー

記事を読む

no image

大学病院から赴任してきた医師の手術の腕前やいかに!?

週に一度、学位論文のまとめに大学へ行くときに顔を合わす程度だった。やはり、医師が自分の研究を進めるに

記事を読む

no image

看護師の服を特注で作らせているある個人クリニックの院長

都内にある個人クリニックの院長は看護婦の制服を特注で作らせているようだ。あきらかに、患者を獲得するた

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

額帯鏡-頭に丸い鏡が付いた黒い帯状のもの-用語集

・額帯鏡 現在ではペンライトが主流なので、額帯鏡をつけた医者は殆どいないが、マンガに出てくる医

記事を読む

no image

エリート医学生が転部を決意したある理由

・エリート医学生が転部を決意したある理由 C君は昨年まで国立大医学部の3年生だった。医学生にと

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑