セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九州に住む義理のお母さんは、数年前の三月一二日に急に倒れ、町の病院に運ばれました。CTなどによる検査の結果、クモ膜下出血と診断されました。

この病院では十分な治療ができないので大きい病院に転院しましょう。その病院の医者はクモ膜下出血に間違いありませんといい、県庁所在地の市内でも有名な病院に転院させました。五〇歳代の脳外科部長であった担当医は、クモ膜下出血です。頭の前のほうを開いて手術しますと、Gさんに会うなりいったそうです。一三日に入院し、一五日に診断が出され、Gさんが親戚からあなたは医者なのだから様子を見てきて欲しいと依頼されて一七日にとりあえず九州の病院に行ったときのことです。

ところが、二一日が手術日と決まりました。担当医は脳に水が溜まる正常圧水頭症だといったそうです。一刻を争うはずのクモ膜下出血で、倒れてから一〇日経って手術というのは、のんびりしすぎではないか、とGさんはそのとき思ったといいます。頭に溜まった水は管で腹膜の中に落とすシャント治療をやれば脳圧が下がるというのが常識でした。その後輸血を繰り返し、Gさんが五月に担当医に会いに行ったときには体も起こせず、しゃべれない状態。

シャント治療は考えていない

ところが、その病院はシャント治療は考えていないというのです。不審に思ったGさんは、知り合いをはじめ、多くの脳神経外科医に聞いてみましたが、みんななぜシャント治療をやらないの?と不思議がっていました。

そこで、六月に担当医にシャント治療をやってくださいと電話で頼んだのです。ところが、とりあえず高圧酸素療法で様子を見ていますとの回答でした。もう一度手術をして患者が死亡したらどうしょうと、それが怖くて簡単なシャント治療もできないのではないかという声もありました。担当医は現在の状態では全身麻酔をかけて二一時間の手術はできませんと言いました。

Gさんはこれ以上、この担当医のいいなりになるわけにはいかないと、義母の家族に相談、東京の大学病院に転院させることにしました。転院すると、東京の大学病院の脳神経外科に転院、翌日患者の脳内の髄液を抜いたら急激に回復しました。そして1週間後シャント治療をやったところ、その翌日から頭はスッキリし退院できたようです。こういったことは実際にあるようです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

「さじ加減」は料理ではなく医師がサジを使った分量の調節だった

・コーマ(coma) 昏睡のことを英語でコーマ(coma)という。 ・コート(kot)

記事を読む

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少な

記事を読む

no image

献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼って

記事を読む

no image

アメリカではベッドの数に対して二倍以上の看護師がいるが

従来の最高レベルとされた看護師二人に対し患者一人(一対一入院基本科)の病院は一万二六九円。三人対一人

記事を読む

no image

学閥を利用することで名医を見つけることも可能

ベッド数九九の中堅病院ながら、心臓外科としては大学病院や国立病院をしのぐ病院もあります。神奈川県の大

記事を読む

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあり

記事を読む

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

医学研究の本当の意味をもう一度考え直さないといけない

たしかに研究は自由で、どういうことをやってもいいのかもしれない。しかし、これからは大学病院という公共

記事を読む

no image

ガリウムシンチなどの医学用語集

・ガリウムシンチ 病気の種類によって、注射する物質が異なるわけだが、ガンの場合はガリウムという

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑