死刑囚から移植を受けることについて

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 医療に関する記事

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死かもしれないということになれば、脳波を調べたり、ためしに人工呼吸器をはずしたりしないといけない。

そして、脳死と判断されれば、今度は心臓が動いていることがわかっていてもーつまり脈も触れ、体も温かいのにー治療を打ち切る。そして、亡くなったと家族に伝えることになる。

伝えられる家族のほうも、そのような状態で死んだと受け入れるのはかなり困難だろう。多くの遺族が、すぐに死んだと受け入れられない場合が多いという。

腎不全であれ透析であれ、それだけ気分の悪いものだ。これまでは近親者であると名乗りを上げれば人物の確認をしなかったのが、これからはきちんと確認するようになるという。これで、もし腎移植が減るとすれば、実際は同じような近親者でもない人間が臓器を提供していた(おそらくはお金をもらって)ケースが減った数だけはあったということを意味する。

どのみち死ぬに決まっている、死刑に相当する人間が、最後に一度くらい人助けをしてもいいではないかーという考えも成り立つ。死刑囚の臓器など、もらいたがる人はいないだろうと思うかもしれないが、それでも欲しい人がいるほど苦しい病気なのだということを知ってほしい。

臓器売買は言語道断であるが

移植を受けられる人間が減るという側面もある。もちろん臓器売買は言語道断であるが、たとえば中国のように死刑囚からの移植はどうなのなどという問題はまじめに考えないといけない。

実際、死刑囚から移植を受けるために中国などに行く人は少なくない。移植医療そのものが、そういう性質を有するものだということだ。たとえば、脳死移植にしても、死んだ人間からの移植だし、外国でもやられていることなのだから、そのために人が救われるのならいいではないかと考えるかもしれない。しかし救急医療の現場では、そうは言っていられないところがある。

認めるということになったのは、あくまで脳死移植によって助かる命があるという考えからだ。あるいは、移植以外に助ける道がない患者さんがいるからだ。このため、移植を待つ患者さんやその支援団体がマスコミにしょっちゅう登場し、結局、脳死移植を認める法案が日本でも成立したのだった。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学研究種類の細分化が引き起こす患者を人として見ることの欠如

医学研究を進めていく上で、細分化、専門化することは必要であり、科学の一つの方法であるが、最終目標が臨

記事を読む

no image

麻薬犯罪に関わった医者の話-トランキライザーびたりの友人

ある大病院の医師が、トランキライザーびたりの友人に頼まれて、ハルシオンを長期間にわたって横流ししてい

記事を読む

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく

記事を読む

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際

記事を読む

no image

病院の待合室に響いた子供の恐ろしい一言

・待合室に響いたシャレにならない子供のひと言 大学病院の内科医局に勤めるAさんには、4歳になる

記事を読む

no image

医療サービス-いったい費用がいくらかかるか

温泉旅行で泊まる宿を選ぶときには、可能な限りいろいろと内容を調べると思います。どんな部屋や施設か、露

記事を読む

no image

自分で病気を治す努力をしない患者

・困ってしまう患者さんとは? 医師が、日々の診療の中で、特に困っている人たちは、自分で病気を治

記事を読む

no image

風邪は薬使わないほうがいいという驚きの新事実!?

かつては、風邪にかかった患者に対しては、十分な休養を勧めることが医者としての常識でした。ところが、今

記事を読む

no image

医者を志すのは若いほどいいのか?

アメリカの場合などは、メディカルスクールといって、大学を出た人が医学部のような学校に入る仕組みなので

記事を読む

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったから

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑