死刑囚から移植を受けることについて

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 医療に関する記事

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死かもしれないということになれば、脳波を調べたり、ためしに人工呼吸器をはずしたりしないといけない。

そして、脳死と判断されれば、今度は心臓が動いていることがわかっていてもーつまり脈も触れ、体も温かいのにー治療を打ち切る。そして、亡くなったと家族に伝えることになる。

伝えられる家族のほうも、そのような状態で死んだと受け入れるのはかなり困難だろう。多くの遺族が、すぐに死んだと受け入れられない場合が多いという。

腎不全であれ透析であれ、それだけ気分の悪いものだ。これまでは近親者であると名乗りを上げれば人物の確認をしなかったのが、これからはきちんと確認するようになるという。これで、もし腎移植が減るとすれば、実際は同じような近親者でもない人間が臓器を提供していた(おそらくはお金をもらって)ケースが減った数だけはあったということを意味する。

どのみち死ぬに決まっている、死刑に相当する人間が、最後に一度くらい人助けをしてもいいではないかーという考えも成り立つ。死刑囚の臓器など、もらいたがる人はいないだろうと思うかもしれないが、それでも欲しい人がいるほど苦しい病気なのだということを知ってほしい。

臓器売買は言語道断であるが

移植を受けられる人間が減るという側面もある。もちろん臓器売買は言語道断であるが、たとえば中国のように死刑囚からの移植はどうなのなどという問題はまじめに考えないといけない。

実際、死刑囚から移植を受けるために中国などに行く人は少なくない。移植医療そのものが、そういう性質を有するものだということだ。たとえば、脳死移植にしても、死んだ人間からの移植だし、外国でもやられていることなのだから、そのために人が救われるのならいいではないかと考えるかもしれない。しかし救急医療の現場では、そうは言っていられないところがある。

認めるということになったのは、あくまで脳死移植によって助かる命があるという考えからだ。あるいは、移植以外に助ける道がない患者さんがいるからだ。このため、移植を待つ患者さんやその支援団体がマスコミにしょっちゅう登場し、結局、脳死移植を認める法案が日本でも成立したのだった。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者は風邪をひかないというのはウソ

当然ですが、医者だってカゼをひきます。むしろ、普通の人よりも、カゼひき患者さんからうつされることもあ

記事を読む

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患

記事を読む

no image

医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手

記事を読む

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が

記事を読む

no image

メンタルヘルスの重要性-ストレス社会の問題

ストレス病は急激に増加しています。若干の問題はあるものの、日本における身体の健康診断は十分にいきわた

記事を読む

no image

マジでやばい開業医-善し悪しの具体的な見分け方

よい開業医の見分け方には色々あるが、ここではよい開業医の見分け方を紹介していこう。 よい開業医

記事を読む

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはな

記事を読む

no image

看護師は夜勤などの過酷な仕事内容で体調を崩している

患者さんには、健康そうに見えてハツラツと働くナースが、ときにはうらやましく、ときにはねたましく見える

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

病院内恋愛-職場の規律を乱すほどの深刻なものもあるようだ

歴史のある大学病院の中には医師と看護婦の恋愛はご法度という不文律を持つところがある。聖なる職場で恋愛

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑