信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や野菜を持っていったものです。まさに医は仁術の時代があったわけです。年末に払えるようになるまでツケにしていたりもしました。盆暮れの時期に医者の代わりにまとめて診療代を集金する、という集金係のおじさんもいました。

映画、赤ひげのように、払えない人からは診療代を取らないということは珍しいことではありませんでした。けれども、今は一九六一年にスタートした国民皆保険の制度で、国民のだれもが等しく医療を受けられるようになった半面、赤ひげはいなくなってしまったように思えます。

病院の近所の人、何人かに聞けば、その医者の評判もわかるでしょう。そんな医者を頼って少し遠くから訪れたりすると、医者としてはけっこう嬉しいものです。お互いに信頼関係ができれば、その医者が本当の名医に育つこともあります。心から信頼してくれる患者がいるということは、医者にとって、この上ない充実感、使命感を感じるものだからです。

名医とはなにか、と考えると、結論は、その患者の健康状態や生活パターンをよく知っていて、一生つき合える医者だといえるかもしれません。すべての人にとって名医である必要はなく、自分にとって名医であればいいわけです。

主治医、かかりつけ医を作る

となるとやはり、主治医、かかりつけ医を作る、ということになりますが、大学病院の医者は少なくともこれには該当しません。

市民病院や県立病院には経験豊富な優れた医者がいますが、転任してしまうこともあり、また、優れた医者になった頃には、残念ながらそろそろ定年退職という場合が多くなります。大学病院では、入院中の担当医と退院後の担当医は必ず別の医者になるし、外来でも毎回同じ医者が担当するというわけにはいかないからです。大学病院というのはそういうシステムで機能しています。

そんな中で、自分だけの名医=マイ名医を探さねばなりません。ということは開業医が主治医の一番の候補ということになるでしょう。町の開業医の中には、よぶんな薬を出さず、患者の生活習慣の基本からアドバイスをしてくれる、現代の赤ひげがきっとどこかにいるはず。

ずっとそこでやっているということは、その町での評価も安定していると考えられます。そんな開業医の中から現代の赤ひげを見つけだして、自分だけのマイ名医を主治医、かかりつけ医にすることが理想でしょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が

記事を読む

no image

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイト

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイトがあります。それは、Dr.アルなびと医師

記事を読む

no image

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

医学略語や用語-覚えておきたいガンに関連した色々な用語

・インディケーション 普通は適応というと、その場所の環境に慣れることだが、医学では別の意味に使

記事を読む

no image

良性の病気がガンになるということは現実的に殆どありえない

・放っとくとガンになる 良性の病気がガンになるということは、現実的に殆どありえない。たしかに病

記事を読む

no image

不法就労者が病院で起こす問題

神奈川県のある市立病院での話である。ここは都心に近い新興住宅都市のため、工事現場も多く、1日に1人、

記事を読む

no image

研修医の給料は安いが頑張ればいつか高給がもらえる?

日本では研修医に対して補助金が国から出てはいるものの、実際には特別なカリキュラムがあるわけではなく、

記事を読む

no image

男性が結婚難と言われる時代だが原因は本人にあるかも

最近、男性は結婚難の時代だそうです。私も含めて、女性も結婚ですけれど、なかなか需要と供給がマッチしな

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑