信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や野菜を持っていったものです。まさに医は仁術の時代があったわけです。年末に払えるようになるまでツケにしていたりもしました。盆暮れの時期に医者の代わりにまとめて診療代を集金する、という集金係のおじさんもいました。

映画、赤ひげのように、払えない人からは診療代を取らないということは珍しいことではありませんでした。けれども、今は一九六一年にスタートした国民皆保険の制度で、国民のだれもが等しく医療を受けられるようになった半面、赤ひげはいなくなってしまったように思えます。

病院の近所の人、何人かに聞けば、その医者の評判もわかるでしょう。そんな医者を頼って少し遠くから訪れたりすると、医者としてはけっこう嬉しいものです。お互いに信頼関係ができれば、その医者が本当の名医に育つこともあります。心から信頼してくれる患者がいるということは、医者にとって、この上ない充実感、使命感を感じるものだからです。

名医とはなにか、と考えると、結論は、その患者の健康状態や生活パターンをよく知っていて、一生つき合える医者だといえるかもしれません。すべての人にとって名医である必要はなく、自分にとって名医であればいいわけです。

主治医、かかりつけ医を作る

となるとやはり、主治医、かかりつけ医を作る、ということになりますが、大学病院の医者は少なくともこれには該当しません。

市民病院や県立病院には経験豊富な優れた医者がいますが、転任してしまうこともあり、また、優れた医者になった頃には、残念ながらそろそろ定年退職という場合が多くなります。大学病院では、入院中の担当医と退院後の担当医は必ず別の医者になるし、外来でも毎回同じ医者が担当するというわけにはいかないからです。大学病院というのはそういうシステムで機能しています。

そんな中で、自分だけの名医=マイ名医を探さねばなりません。ということは開業医が主治医の一番の候補ということになるでしょう。町の開業医の中には、よぶんな薬を出さず、患者の生活習慣の基本からアドバイスをしてくれる、現代の赤ひげがきっとどこかにいるはず。

ずっとそこでやっているということは、その町での評価も安定していると考えられます。そんな開業医の中から現代の赤ひげを見つけだして、自分だけのマイ名医を主治医、かかりつけ医にすることが理想でしょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

国民健康保険制度の問題点

国民健康保険制度の問題点は、きちんと払わせる目的もあって、病気になってから入るということを原則的に許

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

開業して成功できるのか-患者が来なくなってしまうことも多い

ある内科医が、都内の古くからある住宅街で駅前のビルの一室を借りて開業した。いわゆる駅前クリニックであ

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

いい外科医を見つけるための具体的な方法

その他の科目の医者も生命を救済するという意味ではまったく同じなのですが、むずかしい手術を成功させた瞬

記事を読む

no image

姑息的手術の意味やそのほかの医学用語の意味の紹介

・姑息的手術 たとえば、すでに転移している大腸ガンの場合、手術してもガンが治ることはほぼない。

記事を読む

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代に

記事を読む

no image

医者の収入は世間が思っているほど多くはない

医者のほとんどが、50万円から80万円台程度の給料か、それ以下ということで、一般企業の40歳代、50

記事を読む

no image

いいかげんな医者は医療保険請求だけが命という話

本来、初診の患者にはどこが痛いのか、どんな痛みがいつからはじまり、どれくらい痛いのかを聞く。そしてさ

記事を読む

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者で

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑