スクリーニング検査とは?どこまで分かるようになるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

~スクリーニング検査でどこまでわかるか~

スクリーニング検査とは、初診のときや経過中に検血血査をして、大雑把に異常をチェックるためのものです。一回の検尿と採決をするだけで、ずいぶんさまざまな機能異常や病気のことがチェックできます。
検査技術が進歩していないころと比べ、初診の一般的な検査(スクリーニング検査)でどんなところまでわかるのでしょう。

スクリーニング検査で異常が認められてから、次の段階の検査に進むのが一般的です。ですから、もし内分泌系の病気が疑われるなら、これらの検査のあとに、もしくは時に、甲状腺機能検査などのホルモン検査が、またリウマチ性疾患や膠原病が疑われるなら、抗核抗体などの自己免疫系の検査が続くことになります。

まず病気であるか否か、異常 があるか否かをひっかけるための、これらの検査はまず必要不可欠な検査の範囲に入ります。ここにあげた検査は大病院に限らず、どんな小さな医療機関でもできるものであることを強調しておきます。

かりつけ医の守備範囲を越えてはいません

それぞれの病気にとって必要不可欠な検査はもう少し量が多くなるので、注意が必要です。しかし、この段階に進んでもまだまだかかりつけ医の守備範囲を越えてはいません。町の小さな医院でもここまでのことができるというわが国は、 やっぱり先進国です。おのおの固有の病気の診断を確定したり、その病気の経過を追うためにはさらに検査が追加されるのが一般的です。

現在の日本では、身体の健康診断は行き届いています。職場、学校、保健所から、クレジットカードの会社まで、健康診断や人間ドックを行っています。これらが、身体の病気の早期発見や国民の公衆衛生の向上に役立ってきたことは、誰も異論がないでしょう。日本の医療は最先端を走っています。そして、スクリーニング検査も、検査技術が進歩していないころと比べ、初診の一般的な検査において、かなり有効な検査と言えます。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

グレーゾーン的な仕事が多いといわれる医師

医学や医療に関係のない方とお話していますと、医学への信頼もあってか、医学的治療を白か黒やall or

記事を読む

no image

麻薬の払い出しのオキテ

払い出しとは、入院病棟用に薬剤を一定量ストックしておくために、定期的に薬剤部から出庫してもらうことを

記事を読む

no image

論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがに

記事を読む

no image

医療学会の増えた最大の理由-まさに細胞分裂のように増えた

学会の会長となっている教授は大学を定年になっても、その学会の理事として留まり、権力を振るうことになる

記事を読む

no image

医者が診断で不安なときに使う「とりあえず念のために」

とりあえず、念のためにという意味で使っている医者が時々いるようですが、これは自分の診断が不安だから、

記事を読む

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべき

新薬開発の臨床試験、既存の薬の臨床効果判定、新しい手術方法の是非、そういった臨床に即した研究調査機関

記事を読む

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が

記事を読む

no image

いいかげんな医者は医療保険請求だけが命という話

本来、初診の患者にはどこが痛いのか、どんな痛みがいつからはじまり、どれくらい痛いのかを聞く。そしてさ

記事を読む

no image

地方の医師不足の解決策を協議していた厚生労働省など

地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の四省は二〇〇六年八月三十一日に、とく

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑