食べるほうが辛い食事制限

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・食べるほうがつらい食事制限って?

彼は手術の必要もなく3日後には退院の予定なのに、その顔色はふつうではない。どうしたことかと看護婦がたずねるとKさん、今にも泣きだしそうな声で、病室を変えてくださいと、訴えはじめた。夕食後まもない内科病棟のナースセンターに、憔悴しきった表情の入院患者がやってきた。胃潰瘍の検査治療をしているKさんである。

Kさんの部屋は2人部屋で、相棒は温厚な性格のSさんである。あまりの深刻な表情に、看護婦は思わずわけを聞いた。問題なのはこのSさんで、Kさんがその異様な事態に気づいたのは、検査のための食事制限がなくなり、普通食になった翌日のことだった。

デザートに出てくるババロアに手を伸ばしたとたん、ただならぬ気配が漂っているような気がして、ふと隣のベッドを見た。すると、Sさんがじい〜っとKさんの手元を見つめているのだ。ア然として動きを止めたKさんの表情にも気づかず、Sさんは鬼気迫る表情で、目はババロアから寸分も動かない。すると、その視線は、スプーンと、その先ですくったババロアを、ただひたすらに追っている。不審に思ったKさんは、食べながら、ちらちら横目でSさんを見た。

食べるのが怖くなった

実は、このSさんは糖尿病。Kさんの食事にデザートがつかない日なら、Sさんも平静でいられるようだが、2回に1回の割合で出てくるプリンやヨーグルトを見ると、まさに食い入るように見つめてしまうのである。食事も厳しく制限され、デザートはおろか、甘いものは全く出ないといっていい。Kさんは、これ以上食べるのが怖くなった。

怖いっすよ、助けてくださいよ。Kさんはひたすら訴えるが、急にいわれても空いたベッドはない。一度などは、あまりにもすごい形相で見つめられ、手にした乳酸飲料を落としてしまった。が、Sさんは床にこぼれた液体をなおも、じい〜っと見つめ続けていたのだ。

しかたなく、病院側はKさんの食事からもデザートを抜くことにした。ただ、食事が終わると、Kさんはふらりと病室を後にする。が、Sさんが怪しむほどのことではない。実はその後、Kさんはナースセンターの片隅でひそかにデザートを楽しむことになったのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

人間はコンピューターと同じではない

壊れた臓器を新しいものに交換するという発想が機械の修理みたいで何かひっかかるという専門家がいます。た

記事を読む

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少な

記事を読む

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはな

記事を読む

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が

記事を読む

no image

医学部の学生寮に謎の縫合

・医学部生寮の謎の縫合 これから6年間、親のスネをかじって、地方で下宿生活を送らねばならないの

記事を読む

no image

脳死、安楽死の問題-早くラクにさせたほうがいいのか

脳死と並んで問題にされているのが、いわゆる安楽死、尊厳死である。口腔ガンや鼻腔ガンは末期にはほかのガ

記事を読む

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは

記事を読む

no image

医者が診断で不安なときに使う「とりあえず念のために」

とりあえず、念のためにという意味で使っている医者が時々いるようですが、これは自分の診断が不安だから、

記事を読む

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時

記事を読む

no image

新薬治験とは?-医者がやけに勧める薬には注意が必要かも

新しい薬を医療現場で使えるようにするためには厚生労働省の承認を受けなければなりません。そのためにはま

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑