小児科のドクターが転職したいと思ったら知っておくべきサイト

公開日: : 医師求人

小児科学会に登録しているドクターの数は20000人ほどだそうですが、その20000人のうち、女医さんの割合がかなり多く、全体の35パーセントから40パーセントもいるそうです。女医さんの人数を考えると、35パーセントという数字はかなり多いと思います。

女医さんは結婚を機に仕事をセーブする場合が多く、小児科学会が、女医さんが現場を離れてしまうのを恐れ、結婚をしても現場を離れないようにしてもらうため、色々とサポートをしているそうです。

そんな女医さんが多い小児科ですが、もしも転職を考えている場合には、求人数が圧倒的に多い転職支援サービスを利用するほうがいいと思います。

求人を探す場合、ネットで探したり、求人誌を見たりすると思いますが、それだとあまり多くの求人を見ることができません。転職支援サービスであれば、数百の求人を見ることができますので、条件の良い求人が見つかりやすいと思います。

転職支援サービスを利用するなら、求人数がかなり多い、エムスリーキャリア医師転職ドットコムなどの大手を利用したほうが確実だと思います。

小児科は大変だが

小児科は、大人の患者さんを治療するよりも苦労することが多いと言われています。子供を診る場合、手間や時間がかかることが多く、仕事は結構きつい場合が多いです。

しかも、仕事がきついわりに収入が少ないということがよくあります。収入がすべてではないのですが、やはり仕事がきついわりに収入が少ないということで、小児科医が減ってきているようです。

小児科医は医師不足が問題視されているようですが、求人はけっこう多いようです。医師が不足しているので、求人が増えるということですが、小児科医が増えるように、もう少し収入をあげられるようにしてほしいところです。

小児科医のニーズが高いのは、救急対応をしている総合病院などです。また、新生児医療をしている医療機関などでも、小児科医をよく募集していることがあります。

関連記事

これなら成功!リハビリテーション科の先生が転職成功できる会社

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

これはいい!マイカー通勤可の見つかるドクター求人サービス

当直など、勤務体制が不規則な医師の場合、マイカー通勤ができないと出勤するのが大変である場合が多いです

記事を読む

no image

主任教授までの道のりに嫌気がさし転職したいならこのサービスで

教授という肩書きはむしろ、ある種の名誉職として与えるほうがいいのかもしれない。いまのところ、主任教授

記事を読む

no image

産婦人科の医師が重宝するであろう求人紹介サービスとは?

産婦人科は、医師不足が叫ばれている分野で、産婦人科医を求める医療機関は多くあります。産婦人科医の数が

記事を読む

no image

医学部を出た研究者が年収が高い求人を探す方法

医学部を出た研究者が年収が高い求人を探す場合、なかなかうまく見つからない場合があります。研究委の求人

記事を読む

no image

医者が結婚を機に転職を考える場合に利用したいサービス

もしも結婚をして、今までのようにバリバリと働けなくなって場合、転職を考えるかもしれません。特に女医さ

記事を読む

no image

転職したい乳腺外科のドクターのお役立ちサービスを紹介

乳腺外科では、手術ができる医師であればもちろんいいのですが、手術ができない医師でも、病院側からのニー

記事を読む

no image

設備充実のクリニックに転職をしたいなら知っておきたいサイト

設備の充実した病院、クリニックで働いてみたいと思う医師の先生は多くいらっしゃるでしょう。設備が充実し

記事を読む

no image

人間ドック・検診の先生が収入を増やしたいならここしかない!

健診・人間ドッグの医師の求人は比較的増えてきているそうです。とはいえ、もともと健診・人間ドッグの医師

記事を読む

no image

これは高収入!腎臓内科の転職案件を紹介してくれるサービス

腎臓内科は経験がものを言う分野と言われていて、腎不全が進行する症例が多く、幅広い知識と経験が必要なよ

記事を読む

no image

外科と内科の先生が良い求人を見つける方法

外科と内科の先生が良い求人を見つけるには、エムスリーキャリアや医師転職ドットコムなどの転職支援サービ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑