小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。これには理由があります。

問題なのは救急指定病院でも小児科切り捨てが増えていることです。他の医療機関から小児科医を呼ばなければ、子どもの急患は拒否することになってしまいます。アルバイトで当直医を雇えば、一晩、最低でも五〜六万円程度はかかるので、赤字の病院にはとても負担できません。

一方で小児科医はいろいろな病院から呼ばれることになるので、だんだん忙しくなり、週に二度も当直医を務めなければならなくなったりしています。そうなると小児科医の仕事はきついので辞めたいということにもなります。

子ども独特の病気もあるので、風邪でしょう、ではすませられないことがかなりあり、そうした特殊な知識も不可欠なので、小児科医は医者ならだれでもできるというものではありません。子どもの診察にはテクニックが必要で、泣きわめく子どもから症状をヒアリングし、症状を的確に推察するにはかなりの経験が必要です。注射もおとなとはちがう打ち方です。

採算が合わない

また、一番の理由は、採算が合わないということ。病院にとっての一番の収入源は高齢者ですが、それは高齢者の病気には慢性病が多く、継続的に通院することになるからです。多くの病院で小児科は不採算部門です。それに対して、小児科の患者は急な発熱など、そのとき限りの症状であることが多く、リピーター患者とはなりません。

少子化が進み、子どもの患者の絶対数が減っていることも当然、採算性の低下に影響しています。それでも病院が小児科の看板を出す以上は、小児科医を雇いそのための設備も整えなければなりません。昨今、病院は経営が苦しいところが多いので、不採算部門からカットしていくことになり、小児科が最初に切り捨てられるのです。

現在、小児科医を希望する学生の数は減る傾向にあるようです。マスコミなどで、子どもの医療事故が起きるたびに小児科医は患者対応がむずかしい、小児科が減っていると報道されていることもかなり影響しているでしょう。今後、小児科がもっと減少すれば、この傾向に拍車がかかるかもしれません。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

当直勤務-枕元に患者が立っていたり眠れてもせいぜい二時間

自分の医局で月に四〜五回、アルバイトで週一回は必ず当直をする。当直は午後五時から、翌朝ほかの医師が出

記事を読む

no image

病院の受診時に注意したいボディースーツの着用について

ボディースーツは、特に40代の女性に好まれるようです。美味しいモノを我慢するのもイヤ、ハアハアいいな

記事を読む

no image

医学は英語が共通言語

医学は英語が共通言語。語学の勉強は重要。医学部の場合、第二外国語でドイツ語をとる人が多いようだが、今

記事を読む

no image

患者は退院日を気にする-しないと不安になる

患者は退院日を気にする場合が多いようです。退院日は、患者の迎えに来るご家族の都合もあって、土日になる

記事を読む

no image

集団自律訓練法の適応と効果について

・集団自律訓練法の適応と効果 病院では集団療法として自律訓練法を取り入れています。目的はもちろ

記事を読む

no image

臨床経験年数のある医者はなかかか病棟にいないという現状

もともと病棟の仕事は、卒業、一、二年目の研修医が指導医の指導のもとに担当する。さらに病棟医長と呼ばれ

記事を読む

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

成績は遺伝ではない

私は小学校のときは、とても勉強ができて、西日本の模擬試験でもトップをとったことがあった、というある人

記事を読む

no image

医学部生の生活をおくっている時代に教養を身につけること

医学部生時代に教養を身につけること。実は、これからの時代は、医者も患者さんとのコミュニケーション・ス

記事を読む

no image

入院患者のトラブル-ライバル感覚からくる争い

患者さん同士にはライバルという感覚があります。特に、同じ時期に同じような手術をした人たちです。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑