趣味は献血ですというある男性のお話し

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・趣味は献血の疑問と納得

会社員のNさんの趣味は献血である。いやあ、これがねえ。いいんですよ。同じマンションに住むOさんも、それを聞いて驚いた。献血、ですかあ?献血?よっぼど血の気が多くて?一度やったらやめられない。そうだ、今度ぜひご一緒しませんか?次の週の日曜日、Nさんに連れられてやって来たのは、ある大学病院付属の献血センター。半信半疑のOさん、まず入ってビックリ。

これまで、輸血といえば、血液全体を静脈内に注射するのが普通だったが、最近はそれを赤血球、白血球、血奨などの成分に分離し、必要に応じて輸血するようになってきた。それにより血液を提供する人、供血者も、それまで血液全体を200ないし4008採血していたのが、成分ごとに採血するようになったのである。この献血センターでは成分献血、を行っている。ベッドというより寝心地のよい長椅子といった感じだ。明るくて広々としたフロアに、ゆったりと数台のベッドが並んでいる。ここに寝そべって採血をする。

おみやげにボールペンとノート

2時間ほど採血し、おみやげにボールペンとノートをもらって献血センターを出た。成分分離装置という器具を使用し、需要の多い成分だけ献血して、あとの成分は再び体内に戻すという方法であるが、ただし、採血も返血もゆっくり行うので時間がかかる。そこで、こういった設備の献血センターが登場したわけだ。

ついウトウトとまどろんでしまった。なんかここへ来ると身体も軽くなったような気がするんですよねOさんも同感である。Nさんは自慢げに、どうです、けっこういい気分でしょう。ベッドに寝そべり、テレビは見放題、そのうえジュースは飲み放題。2LDKのマンション住まいで、女房子どもに騒がれ、休日の居場所もないサラリーマンの、ここはリッチな憩いの場なのかもしれない。さて、翌月曜日、駅前に停った献血車を横目で見ながら、すっかり成分献血にハマッてしまった自分に気づくOさんだった。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

ガン告知の真実-病名を隠す傾向がある現代

治療をすれば治るガンについては、告知することが一般的になってきました。現実には、ガンを告知されてよか

記事を読む

no image

二日酔いで吐き気を感じながら手術をする医師

お医者さんの二日酔いなんて、いいの?そんなことあるの?と疑問に思うでしょう。医者も人間です。飲んべえ

記事を読む

no image

新薬治験とは?-医者がやけに勧める薬には注意が必要かも

新しい薬を医療現場で使えるようにするためには厚生労働省の承認を受けなければなりません。そのためにはま

記事を読む

no image

研修が必修化されてから

研修が必修化される前は、医学部を出て国家試験に受かれば、医者の仕事ができたが、研修が必修化されてから

記事を読む

no image

オーダリングシステムを取り入れた病院の努力だが・・

医者個人の情報、つまり卒業大学、持っている専門医資格、研修をした病院、研究、医療に関する考えなどを患

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノ

記事を読む

no image

心房中隔欠損症とは-ASDという心臓内部に穴が開く病気-用語集

・ASO(抗ス卜レプ卜リジン) 溶連菌(ようれんきん)というバイ菌に感染したかどうかの指標。

記事を読む

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代に

記事を読む

no image

病院患者同時でイジメが行われることもあるので注意

偶然、病室が同じになっただけの縁です。仲よくなれる人もいれば、気が合わない人もいて当然。入院生活は、

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑