主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得ない。つまり、まったく仕事をしなくても辞職に追い込まれることはけっしてないらしい。何もしないことがある意味では、定年まで主任教授を務める安全な策となってしまう。誤解を招かないように言っておくが、全国の医学部教授がすべてそんなに怠慢で、何もしていないというのではない。そういう教授もいるという噂だ。

会社であれば大きな問題が起きたとき、社長であろうと、責任をとって辞任というのは、けっしてめずらしいことではないが、干渉されないという意味では、医局は完全なオーナー会社といってもいいかもしれない。学会のボス的存在で、かなり有名な教授であっても、教授になってからの実質的な研究はほとんどないことが多い。

主任教授とは、これだけの権利、責任を持ちながら、何もしないでも、誰からも非難も評価も受けないという実に奇妙な役職なのだ。医学部主任教授は管理職の意味合いが強くなることもその理由である。

名前があることでクリアできている

教授も研究者として、文部省から論文の数などのチェックを受けることがあるが、主任教授は共同研究者として、名前があることでクリアできている。医局員に研究をやらせるのが、教授という存在であるという考えもあるだろうが、その指導能力のない教授すら存在するようだ。

新設私立医大の主任教授の仕事は、初期の頃は卒業生をいかに医師国家試験に合格させるかで、すべてが終わっていた。全国的に医師国家試験合格率に差がなくなったとき、今度は研究者としての技量が必要になったが、それは問われずに、二代目の教授に引き継がれてしまった。大学病院改革で重要なことの一つは、主任教授をどのように評価していくかである。

病院内の問題、教育などで、かなりの時間を消費し、なかなか自分の研究ができなくなってしまう。しかし、自ら研究をしなくても、論文が作れるのは、助教授以下が研究を行ない、共同研究者として名前を論文に載せたり、ときにはゴーストで部下が書いたりするからである。それによって教授の体面を保っていることも多いらしい。

主任教授は医局、病棟主任、研究、講座の医学教育の最高責任者である。それらを的確に評価する機関があるべきで、それも大学の外部になければならないだろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

病院の待合室に響いた子供の恐ろしい一言

・待合室に響いたシャレにならない子供のひと言 大学病院の内科医局に勤めるAさんには、4歳になる

記事を読む

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開

記事を読む

no image

不法就労者が病院で起こす問題

神奈川県のある市立病院での話である。ここは都心に近い新興住宅都市のため、工事現場も多く、1日に1人、

記事を読む

no image

研修医制度による医師不足の問題

大学病院の研修医が減ると医者不足になる地方の病院というのは、もともと研修医や医者から人気のない病院で

記事を読む

no image

メンタルヘルスの重要性-ストレス社会の問題

ストレス病は急激に増加しています。若干の問題はあるものの、日本における身体の健康診断は十分にいきわた

記事を読む

no image

病棟での実習で医学教育の欠点がさらけ出されるという話

社会と医療には親密な関係があるにもかかわらず、それに興味を持つことは、医者として邪道であり、あくまで

記事を読む

no image

基礎医学の覚えものは苦痛だが

基礎医学の覚えものは苦痛だが、それ以上に厳しくなるのは臨床医学のほうだという話がある。一つには、日本

記事を読む

no image

CEAとは何か?その意味-その他にも色々な用語も

・CEA 大腸ガンや胃ガンが体に潜んでいると、血液中にCEAというものが増えてくる。カルチノ(

記事を読む

no image

教授に評価され研究をやめさせられる医局員の悲劇

研究の評価は実に難しく、専門分野が違ってくると一人の主任教授では判断できなくなってくる。例えば、腎臓

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑