主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得ない。つまり、まったく仕事をしなくても辞職に追い込まれることはけっしてないらしい。何もしないことがある意味では、定年まで主任教授を務める安全な策となってしまう。誤解を招かないように言っておくが、全国の医学部教授がすべてそんなに怠慢で、何もしていないというのではない。そういう教授もいるという噂だ。

会社であれば大きな問題が起きたとき、社長であろうと、責任をとって辞任というのは、けっしてめずらしいことではないが、干渉されないという意味では、医局は完全なオーナー会社といってもいいかもしれない。学会のボス的存在で、かなり有名な教授であっても、教授になってからの実質的な研究はほとんどないことが多い。

主任教授とは、これだけの権利、責任を持ちながら、何もしないでも、誰からも非難も評価も受けないという実に奇妙な役職なのだ。医学部主任教授は管理職の意味合いが強くなることもその理由である。

名前があることでクリアできている

教授も研究者として、文部省から論文の数などのチェックを受けることがあるが、主任教授は共同研究者として、名前があることでクリアできている。医局員に研究をやらせるのが、教授という存在であるという考えもあるだろうが、その指導能力のない教授すら存在するようだ。

新設私立医大の主任教授の仕事は、初期の頃は卒業生をいかに医師国家試験に合格させるかで、すべてが終わっていた。全国的に医師国家試験合格率に差がなくなったとき、今度は研究者としての技量が必要になったが、それは問われずに、二代目の教授に引き継がれてしまった。大学病院改革で重要なことの一つは、主任教授をどのように評価していくかである。

病院内の問題、教育などで、かなりの時間を消費し、なかなか自分の研究ができなくなってしまう。しかし、自ら研究をしなくても、論文が作れるのは、助教授以下が研究を行ない、共同研究者として名前を論文に載せたり、ときにはゴーストで部下が書いたりするからである。それによって教授の体面を保っていることも多いらしい。

主任教授は医局、病棟主任、研究、講座の医学教育の最高責任者である。それらを的確に評価する機関があるべきで、それも大学の外部になければならないだろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

心身医学療法を現代の医療に加える

気管支端息は頻回の夜間発作や度重なる入院などが医療費を高めています。気管支端息は代表的なアレルギー疾

記事を読む

no image

医学研究種類の細分化が引き起こす患者を人として見ることの欠如

医学研究を進めていく上で、細分化、専門化することは必要であり、科学の一つの方法であるが、最終目標が臨

記事を読む

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

病院の教授回診-ピリピリする神経の使う行事

明日が回診ともなると、教授の機嫌を損ねては自身の立場が危うくなるので、神経の使い方は並じゃない。一週

記事を読む

no image

研究発表の真実-十年以上も前に結論が出ている現状

もう十年以上も前に結論が出ていることを、目先を変えて繰り返し発表することも行なわれている。そんな研究

記事を読む

no image

大腸潰瘍とは?その意味やその他にも色々な用語を紹介

・大腸潰瘍(ダイチョーカイヨー) 胃ガンのことを患者に胃潰瘍というのは有名だが、それと同様に大

記事を読む

no image

体位交換とは背中に床ズレができてしまうことを防ぐこと-用語集

医者同士で使うことがある用語を紹介していこう。 ・タイイコーカン(体位交換) 患者さんが

記事を読む

no image

脳死は人の死という問題点から

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸

記事を読む

no image

人間ドックにかかる費用、経費は信用できない!?

医学界では集団検診のあり方について、行政分野では人間ドックのあり方について、さまざまな調査を行ってい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑