主任教授までの道のりに嫌気がさし転職したいならこのサービスで

公開日: : 最終更新日:2016/08/25 医師求人

教授という肩書きはむしろ、ある種の名誉職として与えるほうがいいのかもしれない。いまのところ、主任教授という絶対的権力者は、医療の最終目的である患者のためにという考えからは、遠い存在であると言われているようです。医学部の医局は一般の人には理解されにくいもの。医局の規模は診療科目によってかなり差がある。

一番最初の肩書きだ医学部を卒業し、二年間の研修医を終え、さらに四年間の大学院を修了して、うまくいけば助手ということになるので、医学部を卒業してから最短で六年でようやく正式に給料をもらえるようになります。うまくいけばという意味は、助手の席が空いていないことがあるから。医学部の組織であり、人員はだいたい三十から百名くらいの医局員で構成される。そのなかでは、助手という肩書きが、給料をもらえます。

出張病院へ二年くらい出されることになるか、あるいは大学院を卒業しないでも、研修医から病院助手という肩書きになる。そこで七、八年の研究歴を重ね、博士論文を書き、博士号を取得し、助手になるチャンスもあります。

しかし、こうやって主任教授まで登りつめようと思うと、あと何年、何十年とかかるのやら。そんな出世街道に嫌気がさし、転職をしたくなったら、転職支援サービスを使って、転職をしたほうがいいでしょう。

医師転職ドットコムエムスリーキャリアといった大手の転職支援サービスを使えば、医局を出た医師であれば、いい条件のところに転職することができるでしょう。

医局にいる時よりもはるかにいい給料で雇ってもらえるようになるはずです。転職する際に、自分で探すのもいいですが、本当に条件の良い求人を見つけたいのであれば、転職支援サービスを利用したほうが、確実にいい求人に出会えます。転職支援サービスは、非公開求人が見れますので、かなりいい条件の求人が見つかるからです。

四十歳前に講師になるのが普通の出世コース

四十歳前に講師になるのが普通の出世コース。他の学部に比べて肩書きが上がっていくのが非常に遅い。助手から講師へはかなり高いハードルである人数の少ないポストであるから、講師になれるということは、将来、医局に残っていられる可能性が高いということでもある。それには三、四年、さらには十年近くかかることもある。それまでに講師になれなければ出張助手という形で外の病院へ出され、そのまま本院の医局には帰れないということも多い。

助教授にはさらに厳しい道があります。学会でもそれなりの評価を受け、学会の評議員などになっていなければならない。助教授までは医局内人事といってもいい。だからこそ主任教授の権力は絶対的なものとなります。その頃には研究会の座長くらいは務めるようになっています。

いつまでたっても出世できないという状況であっても、医局の内部にいる限り不平を言うことはできない。ただただ教授が教授会へ申請してくれることを待つしかない。主任教授が教授会へ書類を提出しなければ、出世の道は閉ざされるからです。主任教授までの道のりは、あまりに厳しいのです。

関連記事

かなり必見!高額年俸が期待できる医師求人サービス

スポンサーリンク

関連記事

no image

キャリアエージェント会社を利用すれば病院をやめて次に進める

医者の仕事は、激務である場合が多いものです。激務が多く、休みが少ないことが多く、だんだんとそんな状態

記事を読む

no image

女医が結婚を機にアルバイトを探す場合に役立つサービス

女医さんが結婚をし、出産をすると、これまでのように常勤で働けなくなることがよくあります。そこで、常勤

記事を読む

no image

使っておきたい!外来診療のみの求人を紹介してもらえる会社

外来診療のみの求人を探す場合、求人広告などを見て探すのは大変です。自分で一生懸命求人広告などを見て探

記事を読む

no image

これはいい!高収入で人気エリアの医師求人が見つかるサービス

医師の収入には、かなりの差があります。どの診療科に進むかで、年収はかなりの差があり、美容クリニックで

記事を読む

no image

タダで利用できる!精神科の先生が転職に使いたいおすすめの会社

現在、うつ病の患者さんが多くなってきているので、精神科のニーズが増えてきていています。精神科の先生が

記事を読む

no image

おすすめの医療関連転職サービス-支援型でしっかりと仕事を見つける

医師の転職を支援する転職支援サービスを展開している会社は、国内にたくさんありますが、利用するのであれ

記事を読む

no image

是非知っておこう!転科OKの医者の求人が見れるサービスを紹介

医師の中には、今の科が自分に合っていないのではないかと考え、転科を考える医師がいます。今のままのこの

記事を読む

no image

おすすめの未経験歓迎の医師求人を紹介してもらえる会社

医師が未経験OKの求人を探す場合、意外に見つからないことが多いようです。野党側としては、やはり経験の

記事を読む

no image

求人を探している泌尿器科ドクターが利用したい会社

泌尿器科は、医局から非常勤医派遣などで維持されていることが多いそうです。病院の機能分化によって、泌尿

記事を読む

no image

一度は利用してみたい医療転職エージェントサービス3社を紹介

転職エージェントでおすすめのサービスは、エムスリーキャリア、医師転職ドットコム、リクルートメディカル

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑