ターゲスとは血糖日内変動のことをドイツ語こう呼ぶ-用語集

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・ターゲス

血糖日内変動のことをドイツ語でターゲスといい、具体的な方法は、朝食の前後、昼食の前後、夕食の前後、就寝前、真夜中、翌朝に血液を取るのだ。糖尿病の入院患者には必ず行う検査である。真夜中の血液は、医者が自分で取ってもいいが、そのためにわざわざ病院に泊まるのは大変なので、看護婦にお願いすることもある。

・成人病入院給付金

成人病で入院すると、保険会社から入院給付金が支払われるが、それには面白いルールがある。高血圧が原因となった大血管の病気はお金が出ない。交通事故で入院しても、たまたま病院食がカロリー控えめだとお金が出る。たとえば、患者本人がガンだと知らないとお金は出ない。生命保険会社は、今でも成人病と呼んでいる。糖尿病・高血圧・ガンなどを昔は成人病といっていたが、最近は生活習慣病という言い方に変わった。

・地域医療

大学病院の医者が町医者と言うと、いかにもバカにしたようなニュアンスがあるので、次第に地域医療という言い方に変わってきた。このコトバは最近よく使われ出したが、昔は地域医療と言わずに町医者と呼んでいた。地域医療というと、その地域の住民の病気を治して健康維持に貢献するといった、非常に良いイメージがある。

大学教授

・大学教授

医学部教授というのは、単なる名誉職なのだという。権力があるわりには薄給で、一流企業の部長よりも給与は少ない。医学部の教授は、いわば会社の社長であり、何から何まで自分の思いどおりにできる。医学博士の取得や学会での発表も、教授の許可が必要だ。自分の医局の医者はもちろん、関連病院の医者の人事権もなっている。

・診療報酬点数

大物の医師会長の在任中は診療報酬点数は高かったが、その引退後に点数がどんどん下げられてしまった。診療報酬点数については、新聞に時たま出ているので知っている人も多いと思うが、要はそれぞれの検査・処置、手術・治療の値段のことである。昔の医者はかなり儲かったが、最近の医者は以前ほどは儲からなくなった。その原因は医者の数が増えたこともあるが、やはり診療報酬点数がどんどん下げられていることが影響している。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研究のための研究-先見性や医学の進歩など関係のない世界

多くは海外の研究方法や新しい医療器械をどこよりも早く導入し、それをあたかも自分の研究のようにしてやる

記事を読む

no image

医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手

記事を読む

no image

医者検索-良心的な人と悪い人の簡単な見分け方や注意点

良い医者は余計な検査はやらないし、たとえ検査するにしても、なぜその検査が必要なのかをキチンと説明して

記事を読む

no image

医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いま

記事を読む

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは

記事を読む

no image

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん

記事を読む

no image

化学療法などがんに関する色々な用語集

・エンモヒ ガンの末期になると、非常に痛くてつらいので、それを和らげるために麻薬を使う。何のた

記事を読む

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載る

記事を読む

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が

記事を読む

no image

脳死は人の死という問題点から

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑