体温計の入れ方を間違えた女子高生のお話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・女子高生、ちょっと言えない体温計事情

夜更けの救急センターの診察室。どうなさったんですか?強引に父親に連れてこられた17歳の女子高生が、おずおずと入ってきた。見たところケガをしているようでも、救急センターに運ばれるほどつらい症状に襲われているようでもなさそうだ。緊張感で青ざめてはいたが、どこか痛むのか、苦しいのかと言われても首を振り、さっぱり要領を得ない。どうしたのだろうか?

当直のE医師がさっそく問診してみた。マジメだが、ちょっと不粋なところのあるE医師、男性では言いにくいでしょうと気をきかせた看護が代わりに聞くことになった。それでもなんとか切れ切れに聞いた話を総合すると、どうやら膀胱に異物が入ったらしいとわかった。しかし、それがなんなのかと聞くと、少女はいきなりロごもってしまう。だが、別室で待機していたE医師、報告を聞いて耳を疑った。なんと、尿道から体温計を差し込んで、それが勝眺の奥の奥まで入り込んでしまい、取れなくなったというのだ。体温計を入れちゃったんです、と。

処置室に運ばれ体温計は無事に取り除かれた

さっそく、処置室に運ばれ、体温計は無事に取り除かれた。あとで知ったところによると、かの女子高生は、以前膀胱炎で尿道内検査をしたときのことが忘れられず、もう一度その感覚を確かめてみたかったのだという。もし、それが中で割れでもしたら、とんでもない事態である。

それ以来、女性の検査を行うときには、管を挿入しながらあの悲劇がまた繰り返されるのだろうかと、E医師は大いに思い悩むのであった。だが、その話を聞いたE医師、忘れられないとは、どういうことだ?と頭を抱えてしまった。なぜなら、男性の場合、勝跳ガンや前立腺ガン、あるいは腎臓組織の検査の際に尿道から管を通すのはおそろしく痛い。しかし、女性は違うというのだろうか。男性であれば、尿道から管を通すのは、耐え難い痛みだというのに。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医師過剰時代-大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかり-用語集

・医は算術 最近は、医は算術と言い換えられてしまい、金儲け主義の医者が増えてきた。そうなった理

記事を読む

no image

当直勤務-枕元に患者が立っていたり眠れてもせいぜい二時間

自分の医局で月に四〜五回、アルバイトで週一回は必ず当直をする。当直は午後五時から、翌朝ほかの医師が出

記事を読む

no image

市販薬の種類が増えている理由

~薬の種類が増える理由~ 現在、市販薬においてはまだ多くの合剤が見られます。その代表がテレビの

記事を読む

no image

基礎医学の覚えものは苦痛だが

基礎医学の覚えものは苦痛だが、それ以上に厳しくなるのは臨床医学のほうだという話がある。一つには、日本

記事を読む

no image

人間ドック検診-必要のない精密検査を受けさせる

集団検診よりははるかに検査項目の多い人間ドック。人間ドックは順天堂大などの私大の付属病院でも行ってい

記事を読む

no image

芸能人が病院に来ることもある!?ただし東京がほとんど

人気歌手や俳優、一流スポーツ選手など何人か見かけてワクワクするそうです。東京の大学病院に勤めている医

記事を読む

no image

医療経済優先の論理-利益率が多い薬の存在

各医療機関が過当競争しないような行政的配慮が必要であろうと思います。医者だって人間ですから、自分が窮

記事を読む

no image

薬の飲み忘れに注意-1回くらいいいやと思っていると危ない

高血圧や高脂血症など痛くないし、あまりつらくもない病気の場合は、薬を、ー回くらい忘れてもいいやなんて

記事を読む

no image

医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射をされる犠牲者も必ずいるわけで

記事を読む

no image

研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてき

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑