注目されている地域医療や総合診療など

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

注目されている、地域医療や総合診療。人間を個別の臓器に分けて診るという対応から、人間全体を診ていこうという医療だが、体のあちこちが弱っている高齢者が増えてくると、これまでの臓器別診療では、一人の高齢者がいくつもの科にかからないといけなくなったり、膨大な薬を飲むことになったりする。それに対して、一人の人間を総合的に診るのなら、薬や検査も優先順位をつけられるから、もう少し合理的に患者さんの体にいい治療ができる。彼らは総合診療医と呼ばれる。

あと、美容外科などは、昔は最低の医者などと思われていたこともあって、金は儲かるが、学生からは不人気な医者の典型例だった。しかし、世の中の拝金論の高まりと呼応して、儲かる美容外科になりたがる人が急増して、いまや美容外科は乱立傾向で、値段のほうのダンピングも始まっているという。

アメリカではfamilypractice(家庭臨床)、イギリスではgeneralpractice(総合診療)という、それになるためのトレーニングが受けられる専門の(要するに総合診療の専門医がいるということ)科がある。これは人間の体を総合的に診療する科で、一通りの内科や簡単な手術くらいのレベルのことができる。そして難しいと思った病気に関しては専門医を紹介するというシステムである。

マスメディアや医学部の教授たちによれば

実は、研修医というのは意外に賢くて、将来のことを考えている。マスメディアや医学部の教授たちによれば、現在、医療崩壊といわれるような地方の医師不足が起こっている原因は、新しい研修制度になって医学部を出たばかりの人間が好きな研修先を選べるようになり、みんなが都会で研修を希望し地方に若手医師がいなくなったためーということになっている。しかし、実際の数字はどうだろうか。

昔の町医者のような機能を持つのだが、彼らの医師としての地位は高く、原則的に専門医と対等である。日本のように、大病院や大学病院の医者が開業医を下に見るということはないのだ。そういう背景から、これからの高齢社会で、高齢者の治療は、大学病院で研修を受けた人より地域医療をしっかり学んだ人のほうが好ましいと、だんだん理解されるようになってきたようである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九

記事を読む

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあり

記事を読む

no image

顔色が悪いかどうか判断するために化粧は控えましょう

たとえば、顔色や肌のつやなどから、貧血を疑ったり、体の水分バランスを考えたり、とても参考になります。

記事を読む

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

~大病院の三分診療のカラクリ~ 三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっ

記事を読む

no image

病院で患者が立て続けに運ばれることを「ツイてる」というが

・ツイてる医者は嫌われる T医師は、診察も早く手術の腕もいい。だが、彼が当直する晩は、どういう

記事を読む

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップや

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑