行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

公開日: : 最終更新日:2016/01/18 医療に関する記事

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると、過少診療になりがちだという危険性もある。そのため、高齢者の治療ガイドラインだとか標準治療をつくるのが現実的であった。

薬や点満を減らすことで高齢者がかえって元気になったという報告が相次いだ。ただ、その一方で認知症の患者さんなどが肺炎になった場合、抗生物質の点満が高いので、「末期だから、ここまでやる必要はない」という説得が行われて、肺炎くらいで亡くなる患者さんも相当増えたと言う人もいる。

どのような病気に対して、医師がどんな検査を行い、どんな薬を使うといちばん予後がいい(その後の健康状態や生存率がいい)かという調査や研究をしておけば、それを行えば定額を払うし、過少診療の場合は定額は払わないということができる。

標準治療を決めていけばいい。標準治療を決めておけば、お金が浮くだけでなく、高齢者も元気で長生きできるのである。高齢者の担当医にしても、それになるために研修を受けるとのことだが、おそらくその研修は、それほど役立つとは思えないからである。

薬の優先順位づけについても

落ちるので、尿から排池される薬も減る。結果的に薬の血中濃度が高く保たれがちだし、若い人と同じように三度三度飲んでいると、薬が体に溜まってしまう。こういうことを研究すると、一日三度の薬が一回や一回でいいことがわかって、ここでも薬を減らせる。

こういう研究を重ねたうえで、高齢者にどんな治療がいちばん元気で長生きできるかがわかれば、おそらくは今よりかなり薬が減らせる。やはり薬はあまり飲まないで済むようにしたいものである。

たとえば、多剤併用している患者さんに、どの薬を残して、どの薬をやめるように指導するか、薬の優先順位づけについても、まだ十分な研究は進んでいない。経験的にうまくいっているのは、日本でいちばん老人医療費が安いのに、男性の平均寿命は一位になるほどの長野県の医療だが、高齢者担当医の研修は長野方式を採り入れているわけではない。

大学の老人科の医者が、ろくな調査や研究もしておらず、実績もさんざん(老人科の専門医の多い都道府県のほうが、かえって医療費が高い割に寿命が短い)なのに、肩書きで指導しているのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

医者の紹介状の力-回復しない症状が回復したある例

紹介状に秘められた力というものがあるのをご存知だろうか。紹介状を持たない患者に対しては、大病院では流

記事を読む

no image

医者への謝礼の相場っていくらなの?

謝礼を渡さなかったからといって、担当医であれ指導医であれ、診療に手を抜くことはない。しかし謝礼を喜ば

記事を読む

no image

医者と薬屋の接待現場での話

・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるのは、常連のA大学病院の調科医局員た

記事を読む

no image

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理と

記事を読む

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的

記事を読む

no image

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん

記事を読む

no image

血圧の標準値にあるいろいろな見方や判断材料

血圧の標準値にはいろいろな見方があります。現在の標準値は一四〇/九〇ということになっていますが、これ

記事を読む

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地

記事を読む

no image

女医研修医の出産時の笑えないセリフとは?

・笑うに笑えぬ女医のセリフ なんとか無事男の子を出産し、ホッとした翌朝のこと。Aさんが初めての

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑