治療を受ける際にあいさつをしたほうがいい理由

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

病院は、ほぼすべての職業の人が訪れますから、びっくりするような発見があるようです。学校の先生が遅刻魔だったり、精進料理のイメージがあるご住職の皆さまが高コレステロール血症だったり、製薬会社の社員が大の薬嫌いだったりとか。裁判官がヘラヘラした感じの超気さくなオジ様だったりもするようです。医者の不養生を代表として、さまざまな職種には意外な素顔があります。

スチュワーデスさんは、ふだんでもとても感じのよい親しみやすい女性たちです。なのになぜ、患者さんになると笑顔が消えるのでしょうか?最もイメージと違うのは、スチュワーデスの皆さんが診察室では無愛想だったことだそうです。気流の変化で機体が急に下がって揺れた拍子に天井に頭をぶつけてムチウチになった、機内で突然、大きく揺れて、倒れて頭を打った、という機内で勤務中の事故によるケガのリハビリで通院していた人が多いようです。

通院時もイライラしている様子で、不機嫌なのだそうです。どうして私に限って、という気持ちがあるのでしょう。仕事中のケガというのは、すごく頭にくるようです。医師が、おはようございますと声をかけても、言葉は返ってきません。頭を少し傾けて、お辞儀の省略型を示すだけです。10人のスチュワーデス患者さんのうち、9人は挨拶もなかったといいます。

なぜか同じリアクション

なぜか、みなさん同じリアクションなのです。スチュワーデスから見ると、ある意味で若い女医ってすごいライバルなんじゃない?と、とても名誉な提案をする人もいるようですが。機内で見せるにこやかなほほ笑みと丁寧なご挨拶、私服では見せないようです。

真相はともかくとして、診察室に入って挨拶のない患者さん、スチュワーデスさんだけに限らず、最近ふえたようです。おはようございます、こんにちはの声も返してくれない人に、心のこもった診療をするのはむずかしいことです。もちろん、挨拶できない医者もいるとは思いますが、よい人間関係はやはり挨拶が基本ではないかとは思います。

愛される患者さんになりたいのなら、勇気を出してちょっと大きめの声で、おはようございますといいましょう。その一言が医者のやる気を引き出すのですから。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

no image

処方薬を出してもらうことを期待するという傾向

これはある医者がいっていた話ですが、ある女性が胃の調子が悪いというので、胃カメラによる検査などをひと

記事を読む

no image

病棟での実習で医学教育の欠点がさらけ出されるという話

社会と医療には親密な関係があるにもかかわらず、それに興味を持つことは、医者として邪道であり、あくまで

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

医師が学会のために休診となっても怒ってはいけません

学会とは、検査方法や治療方法の検討など、臨床的な報告も含めて、広い意味での研究成果を提示するところで

記事を読む

no image

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生

記事を読む

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい

記事を読む

no image

医療システムなどの内容を大学病院が公開しない訳

医療はブラックボックスであり、医療経済学、病院管理学、臨床医学、基礎医学などなどそれぞれの専門家はた

記事を読む

no image

医者の学歴は何故公表されないのか?

日本の病院では、医者の学歴が公表されません。学歴社会日本では異色な世界で、そういうことは一切公表され

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑