床屋の白衣が招いたある誤解

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある理髪店では、順番待ちをしている人たちがいた。しかし、突然、「これはたいへん」と店主のAさんは店を妻に任せ、急いで隣にある市立病院へ客を担ぎ込んだ。患者はさっそく外科に運ばれ、診断の結果、急性虫垂炎と判明した。何と、理髪店で順番待ちをしていた1人の客が、突然椅子から崩れ落ちたのだった。見れば顔には脂汗がにじみ、腹を押さえてウンウンうなっているのだ。

そして、ロビーに出て家族が来るのを待っていると、そこを通りかかった店の常連のB医師、Aさんを見つけて側に寄ってきた。Aさんのほうもなじみの先生にホッとして、大騒ぎのいきさつを話し始めた。腹膜炎も併発していたので、そのまま緊急手術をすることになった。親切なAさんは、手術室の入口までつき添ったり、患者の家族に連絡をとったりと、忙しく立ち働いた。すると、病院正面から患者の家族がロビーの中へと走りこんでくるのが見えた。

2人はお互いの服装を眺め顔を見合わせて苦笑

「先生、うちの人の具合、どうなんでしょうか?」「大丈夫なんですか?」彼女の視線は、明らかにAさんに向いている。「こちらですよ」とAさんが手を振ると、患者の奥サマ、近くに寄って深々と一礼し、おずおずと尋ねた。Aさんが「違います」と言う間も与えず、彼女は隣にいるBさんに向かって、おもむろに声をかけた。「このたびは、いろいろご親切にありがとうございました」。

Aさんは、そのときにやっと自分の姿に気づいた。2人はお互いの服装を眺め、顔を見合わせて苦笑した。夢中で駆けこんできたので、床屋の白衣のままだったのだ。逆にB医師はといえば、当直明けの私服姿である。見た目には、床屋の白衣は見分けがつかないようだ。これでは、仕事を間違えられてもしかたがない。「なるほど、要するに白衣を着れば、だれでも医者に見えるってわけだな」医者に見間違えられたAさん、まんざらでもなかったのか、以後、B医師が理髪店に来るたびに、ひとりニヤリとするという。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療システムなどの内容を大学病院が公開しない訳

医療はブラックボックスであり、医療経済学、病院管理学、臨床医学、基礎医学などなどそれぞれの専門家はた

記事を読む

no image

医者への謝礼は過去の遺産-今はサービス提供が勝負

謝礼を渡さなければ手術で手を抜く、などということがこの現代にあったら、それこそ謝礼どころか訴訟の対象

記事を読む

no image

医者が診断で不安なときに使う「とりあえず念のために」

とりあえず、念のためにという意味で使っている医者が時々いるようですが、これは自分の診断が不安だから、

記事を読む

no image

医者が女遊びがすぎて痛い目にあった話

彼が一躍その名を轟かせたのは、有名女優と噂になった時である。二人の交際はマスコミにも知られるようにな

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

自己流健康法は人に勧めないのがマナーです

昔テレビで紹介されたココア健康法が流行り、あるメーカーのココアが品切れパニックになったこともありまし

記事を読む

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな

記事を読む

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはな

記事を読む

no image

エリート医学生が転部を決意したある理由

・エリート医学生が転部を決意したある理由 C君は昨年まで国立大医学部の3年生だった。医学生にと

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑