東大の医学部で偏差値が高いからとかいうのは

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

神経内科と救命救急センターで働くレジデントをやった。そこで人の生き死にに毎日のように直面していると、医者としての自覚や使命感がだんだん身についてきたし、第一、先輩の医者たちの必死な姿を見ていると、やはり心を打たれるし、自分もまじめにやらないといけないと思ったものだ。その後は老年医療の道に進んだり、精神分析を学びにアメリカに留学することになるのだが、これにしても尊敬できる先輩医師がいたから、人間がまじめになったことは確かだ、と語るある医師。

志に燃えた人間がかならずしも、いわゆる臨床の医者になっていなかったり、動機の不純な人間でも、医者になってからの体験によって、それなりに使命感もついてくるし、患者さんを救いたい気持ちも芽生えてくるということだ。強い動機を持ちながら、受験最難関の大学に入るのだから、本当に苦労をしたことだろう。

東大の医学部であっても、偏差値が高いからとか、難易度が日本でいちばん高いからチャレンジしたいとか、あるいは日本の医学を変えるような研究をしたいといった学生ばかりでなく、医者になって人を助けたいというような強い職業意識やモチベーションを持って医学部に入ってきた人間が多い。たまたま勉強ができるから入るのではなく、そういう思いを持っている人のほうがむしろ多数派であったことは強調しておきたい。

患者さんを救いたい

最初は「患者さんを救いたい」という希望に燃えていた人も、だんだん研究のほうに興味が湧いて(もともと勉強ができる人の場合、やってみると、患者さんを診るより、研究のほうが楽しくなることも多いようだ)、臨床を軽視するようになることが多い。

彼らの多くは東大病院で研修を受けている。今は多少ましになったが、東大病院の研究志向は強く、「臨床をやっているほうがバカ」というような雰囲気が強かったらしい(東北大学はもっとひどいようで、聞いた話では、「そもそも東北大学に入った以上は教授になるのが当たり前で、大病院に勤めるのは落ちこぼれ、開業するのはクズ」とまで言われたそうだ)。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者に質問-先生は休憩や食事などは取っているのですか?

教室での勉強から病院での実地学習が始まり、医者の実態がわかりかけてきた時期のこと。ある医学生が病院の

記事を読む

no image

医師国家試験に合格させるために行われた犯罪行為

国家試験に落ちた医学部卒業生を対象として、二〇〇万円から四〇〇万円くらいの年間授業料で、翌年の医師国

記事を読む

no image

医者の付け届けの相場を知らない人へイタズラをした話

U氏は広告代理店に勤める41歳。明るくて茶目っ気たっぷりのキャラクターだが、仕事のムリがたたって、十

記事を読む

no image

医者のいじめの対象-性格が悪い助手が研修医をチクチク

大学病院の医局は、女の子が多い職場に似ているといわれることもあるようだ。特にイジメ。その対象は主に研

記事を読む

no image

医学部面接試験の真実-我が校にとって都合のいい医者

一昔前に比べれば、面接のやり方が変わり、一見、改善されたように見えるが、実際には大きな変革にはなって

記事を読む

no image

医者を目指すと決めた頃にあった志はすぐに崩壊していくという話

医者になり、実習の頃に見ていた先輩の姿が医局ではまったく違って見えることを知る。同時に自分が医者とし

記事を読む

no image

出産で超安産型な女性のお話

まったくひどい目にあったわよ!K子さんが、次女の出産の話をするときは、思わず慣概しないではいられない

記事を読む

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量を

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑