虫垂炎とはアッぺとも言う-世間では俗に盲腸といわれている-俗語集

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・アッぺ

日本語訳は虫垂炎であるが、世間では俗に盲腸といわれている。しかし、盲腸という言い方は正しくない。正式にはアッペンディサイティスというが、少し長ったらしいので、通常は略してアッペと呼んでいる。なぜなら、虫垂は盲腸の一部には違いないが、盲腸の先端から垂れ下がっている小さな突起にすぎないからだ。極端なことをいうと、胆のう炎のことを肝臓と呼ぶのと同じことだ。それに第一、盲腸というのは場所であり、病気の名前ではない。

・圧痛

押すと痛みがあるが、圧力を加えると痛いからアッツー(圧痛)というのである。お腹が痛いという患者をみる場合、医者は患者のお腹を押して診察することが多い。その理由はちょっと専門的なので省略するが、要はお腹を押すと痛みが強くなるか、押しても押さなくても痛みの程度は不変かをみているのである。

アプラスティックというのは日本語では再生不良性と訳す

・アプラ

アプラスティックというのは、プラスティックに冠詞のaをつけたものではなく、日本語では再生不良性と訳す。
アプラスティックアネミアを略した言い方。アネミアとは貧血のこと。何やら難しそうな病名だが、もちろん更生が必要な不良少年という意味ではない。再生不良性貧血は、重症の貧血であり、白血病よりは少しマシという病気なのだ。更生と再生とは異なる。

・アナムネ

アナムネとは、病気のこれまでの経過のことである。新しい患者が入院すると、若手医師は先輩医師からアナムネを取ってこいと言われ、患者のところに話を聞きにくるのである。昔の肺の手術は、胸を大きく切り開いて行うという大変なものであった。しかし最近では、小さい穴を胸にあけて、そこに内視鏡という管を突っ込む簡単な手術が主流である。ただ、そのこととアナムネとは何の関係もない。

・アズマ

ゼンソクのことを英語でアズマという。

スポンサーリンク

関連記事

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

良い悪いドクターの例を紹介-よく観察した方がよい特徴や注意点

一見、重い病気だったんだから仕方がない。諦めましょうという慰めのコトバに聞こえるが、必ずしもそうとは

記事を読む

no image

病棟での実習で医学教育の欠点がさらけ出されるという話

社会と医療には親密な関係があるにもかかわらず、それに興味を持つことは、医者として邪道であり、あくまで

記事を読む

no image

臨床経験年数のある医者はなかかか病棟にいないという現状

もともと病棟の仕事は、卒業、一、二年目の研修医が指導医の指導のもとに担当する。さらに病棟医長と呼ばれ

記事を読む

no image

医者の免許を持っていれば二年の臨床研修で何科でも開業できる

医者の免許を持っていれば二年の臨床研修で何科でも開業できる。 地域医療をやっていれば、内科医だって

記事を読む

no image

尿路結石になった男性-健康って何か分からなくなる

・35歳、健康食生活一筋男の嘆き 35歳のSさんは、深夜激しい腹痛に襲われ、救急車で運ばれた。

記事を読む

no image

病院の職員組合はマスコミも操作するらしい

公立病院は、たとえば東京の場合は職員は都の職員になるわけで、組合員は東京都職員組合という大所帯の一員

記事を読む

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

さまざまな難しい皮膚科の病気を専門に診る病院をつくれば

日本には皮膚科の大きな専門病院がない。勤めている優秀な皮膚科の医者を、五年のうち一年くらいは、いろい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑