若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長がナースセンターに顔を出したとたん、夜勤明けのWさんがいかにも困ったという顔で呼びかけた。婦長、なんとかしてくれませんか。全然わからないんですよ。

Wさんが指差したデスクには看護記録が広げられている。子どもの受験などでしばらく職場を離れていたが、やっと去年から復帰した。看護記録とは、交代勤務の看護婦、ときには医師のために、病棟各部屋の患者の病状を細かく記録したものだ。

そういえば最近気になっているのが、そこに書かれた文字の変貌ぶりである。ときには温の欄にハートマークまであったりして、まるでペンションの思い出ノートのノリである。しかし、新人看護婦が苦にしがちな記録を、たとえそういう形でも楽しんでいるのなら、それはそれでいいのかしらと、ついこの間までWさんとも話していたのだ。いわゆる長体へタウマ文字が、殺風景な大学ノートのマス目にびっしりと並んでいるのである。

黙っているとエスカレートしていく

ところが、黙っているとエスカレートしていくのがギャルたちの常。目立つのはとき2だのぜん2だの。キャピキャピした文字の合間に意味不明な記号が散らばっている。見せてくれたノートはもうなんだかワケがわからない。少しばかり若い婦長はピンときたが、Wさんが理解できるはずもない。

驚くのはまだ早い。超の字が頭についた病状報告もやたらにあるのだ。心身超衰弱、食欲超ゲンタイ、洗髪が超やりにくいという具合。一瞬読むとギョッとする。これにはさすがに婦長も開いた口ぶさからない。すぐに若いナースを集めて警告を発した。まるで10代の娘の話し言葉そのもの。

記録は、だれが見ても迅速に把握できるような言葉で書いてください。ギャルたちは神妙に、しかしどこか納得のいかない顔をしている。まさかこんな忠告をするとは、看護生活20数年間の婦長も思いもよらなかった。退職した前の婦長がよく言っていたっけ。看護の心は一つだと。でも、今の世の中、それはムリです。心の中でそうつぶやいた。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。

記事を読む

no image

翼状針の意味を取り違えた恥ずかしい話

・翼状針を間違った意味にとってしまった話 ある病院でのお話。患者の点満液の具合を見ていたH医師

記事を読む

no image

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない

記事を読む

no image

病棟常備薬-ナースステーションの薬の箱に入れてあるもの-用語集

・二通りの道 世間の人は、内科部長や診療所長よりも、医学部教授の方がカッコイイと言うが、その代

記事を読む

no image

地域に安定した医者を供給するためという名目

ある専門家は語る。民間の人材派遣会社が、自分のところに人が足りなくなったからといって、お客様である派

記事を読む

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いま

記事を読む

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

病院機能評価-実態を知る方法というのはあるのか?

病院の評価すらまだまだ進んでいない現状では、大学病院の医療の実態を知る方法というのはほとんどないとい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑