若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長がナースセンターに顔を出したとたん、夜勤明けのWさんがいかにも困ったという顔で呼びかけた。婦長、なんとかしてくれませんか。全然わからないんですよ。

Wさんが指差したデスクには看護記録が広げられている。子どもの受験などでしばらく職場を離れていたが、やっと去年から復帰した。看護記録とは、交代勤務の看護婦、ときには医師のために、病棟各部屋の患者の病状を細かく記録したものだ。

そういえば最近気になっているのが、そこに書かれた文字の変貌ぶりである。ときには温の欄にハートマークまであったりして、まるでペンションの思い出ノートのノリである。しかし、新人看護婦が苦にしがちな記録を、たとえそういう形でも楽しんでいるのなら、それはそれでいいのかしらと、ついこの間までWさんとも話していたのだ。いわゆる長体へタウマ文字が、殺風景な大学ノートのマス目にびっしりと並んでいるのである。

黙っているとエスカレートしていく

ところが、黙っているとエスカレートしていくのがギャルたちの常。目立つのはとき2だのぜん2だの。キャピキャピした文字の合間に意味不明な記号が散らばっている。見せてくれたノートはもうなんだかワケがわからない。少しばかり若い婦長はピンときたが、Wさんが理解できるはずもない。

驚くのはまだ早い。超の字が頭についた病状報告もやたらにあるのだ。心身超衰弱、食欲超ゲンタイ、洗髪が超やりにくいという具合。一瞬読むとギョッとする。これにはさすがに婦長も開いた口ぶさからない。すぐに若いナースを集めて警告を発した。まるで10代の娘の話し言葉そのもの。

記録は、だれが見ても迅速に把握できるような言葉で書いてください。ギャルたちは神妙に、しかしどこか納得のいかない顔をしている。まさかこんな忠告をするとは、看護生活20数年間の婦長も思いもよらなかった。退職した前の婦長がよく言っていたっけ。看護の心は一つだと。でも、今の世の中、それはムリです。心の中でそうつぶやいた。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

お医者様選びのヒント-色々なケースに見る質の高さや低さ

データ的には6カ月くらいだとしても、あくまでもそれは平均値。「厳しいですね」は、患者の命が長くないこ

記事を読む

no image

医者で知識の多い人を見極める方法や良い医者を見極める方法

知識が多い医者かどうかを調べるにはどうすればいいかというと、以下のような方法がある。たとえば、診察室

記事を読む

no image

医師会の力は昔よりは弱まったとはいえとにかく絶大

政治にも絶大な力を誇ると言われている医師会。医師会の力は昔よりは弱まったとはいえ、とにかく絶大だ。政

記事を読む

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカル

記事を読む

no image

医者の収入は世間が思っているほど多くはない

医者のほとんどが、50万円から80万円台程度の給料か、それ以下ということで、一般企業の40歳代、50

記事を読む

no image

医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。やはり女性は、ワイドショー的な

記事を読む

no image

良い医者を探す基準-良い例と悪い例を比較してみよう

「塩分を制限してください」 塩分制限を指示したからといって、必ずしも良い医者とはかぎらない。医

記事を読む

no image

新人ナースを嫌がる患者さん-しかし嫌なことばかりではない

学ぶエネルギーに満ちあふれ、フレッシュな気持ちで患者さんに接してくれる看護実習生。実習生は、たいてい

記事を読む

no image

医者に嫌われる患者と好かれる患者

~医者だって気分がのらない時もある。医者が好きになる患者、嫌いになる患者~ 外科でこんな患者は

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑