今の若い医者は診察を軽んじている!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

診察のときに使う器具類は、聴診器や血圧計といった機械としては単純なつくりのものでも、過去から現在にわたり重要性は変わっていません。それでは、何が変わったのでしょう。
最近では結核が減り、胸水がたまっている人をとんと見かけなくなりました。しかし、打診は現在でも胸水や腹水の診断に有用であることに何ら変わりはありません。診療技術という面では、この打診の技術に代表されるように最近あまり用いられなくなは散見されます。

これは水の入ったバケツを外側からたたいて、内側の水面を予測するのと同じ原理で、かつて肺結核が大流行しており胸水がたまっている人が多くいた頃に威力を発揮した診察技術です。空気が入っている肺と水がたまっている肺とでは、たたいたときに音が違うからです。打診の技術は、左手を体にピッタリとあて、右の指で左の指をたたく診察法のことですが、一般的な内科の診察では最近メッキリ行われなくなりました。

最近の医者は診察技術より、検査データを重視するとよく批判されています。一面では当を得ていますが、疾病や病態の変化に伴い致し方のない側面もあると思います。

検査データのみを重要視しすぎる

昔の先生に言わせれば、今の若い医者は診察を軽んじている。検査データのみを重要視しすぎるという苦言がつねづね呈せられてきました。しかし、これらの現象は医者の世代によって差があることであり、一人一人の医者の診断能力を推し量れるものではありません。一度に大量をこなせないなどの効率的でない面もありますが。

一般的な検査が昔とは大きく変わりました。昭和四〇年代ごろまでは、一般の内科の医院に行って血液や尿の検査をした場合、その先生が自ら顕微鏡を使って白血球や赤血球を数えたり、尿の成分を診ていました。しかし最近では検査はコンピュータや検査センターがやってくれます。昔ながらの診断や検査の技術の中にも確かに学ぶべきものはたくさんあります。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

美容整形のリスク-必ず手術同意書にサインを求められる

美容整形の場合、異物反応による発熱とか痛みを、手術した側のミスとは考えない。そうした場合、再手術をし

記事を読む

no image

医者も実はタバコや酒をやめられないという事実

吸いすぎも肺ガンだけではなくて、それ以上に咽頭ガンには高い確率でかかりやすくなります。 そんな情報

記事を読む

no image

アメリカ的医学である研究至上主義は利益追求をするためのものか?

海外である程度研究が進んだ段階で、国内最初という研究がもてはやされているのは、いまも変わってはいない

記事を読む

no image

ダルムとは何か?ドイツ語で腸のことを差す-用語集

病院では、様々な医師同士だけがわかる用語が存在する。それらの用語は、何も知らない患者が聞いても全く分

記事を読む

no image

医者が信用されるためには?患者に疑惑を持たれるようではダメ

~患者が納得するテクニック~ あいまいな態度や煮え切らない言葉が、患者の信頼を失わせ疑惑を生む

記事を読む

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だか

記事を読む

no image

医者の紹介状の力-回復しない症状が回復したある例

紹介状に秘められた力というものがあるのをご存知だろうか。紹介状を持たない患者に対しては、大病院では流

記事を読む

no image

自己流健康法は人に勧めないのがマナーです

昔テレビで紹介されたココア健康法が流行り、あるメーカーのココアが品切れパニックになったこともありまし

記事を読む

no image

必要な薬以外に、飲んではいけない薬は存在するの?

肝炎などの肝障害の治療には、栄養を多く与え、十分なビタミン剤を投与することがよいと考えられています。

記事を読む

no image

医師国家試験に合格させるために行われた犯罪行為

国家試験に落ちた医学部卒業生を対象として、二〇〇万円から四〇〇万円くらいの年間授業料で、翌年の医師国

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑