夜間救急病院の実情-急患をイヤがる色々な理由や事情

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者の多くは死に対する感慨をなくしてしまうようである。極めて醒めた感情で人間の死に対しているようだ。一時的に持ち直したとしても、どちらにしても助からないと判断した場合、患者の年齢、患者に対する家族の思いを考慮するクセがついている。

当直は、病院が大きくなればなるほど人数が増え、またいろいろなことが起こる。病院では入院患者の容体急変や救急患者に対処するために、医者が泊まり込みで待機している。救急で運ばれてきた患者が、その病院の経験の浅い医者の手に負えないものであれば、応急処置もせずにほかの病院にまわしてしまう。

椅子に座って一時間も寝られればいいほうであり、朝方にはもうろうとしてくる。誰でも泊まり勤務はイヤだから、当直は経験五年目くらいまでの若手に押しつけられる。救急病院の当直などは、ベッドに横になることなどとてもできない。救急医療体制の充実を売り物にしている病院では、ベテランも必ず当直させるようにしているが、それでもだいたいは若手である。

自分が診たらヤバイと思えば受けつけない

医者は基本的に、自分が診たらヤバイと思えば受けつけないという。救急患者を受け入れなければならないという法律は、日本にはない。手間がかかり、当直を増やさなければならないなど、経営効率を悪くする救急医療を避ける病院は多いのだ。

だいたい救急のある病院は、医者にとってイヤなものだ。救急に備えるために、常に神経を張りつめていなければならないし、酒だって満足に飲めないという。時には、自信がなくても、受けつけなければならないケースもある。その場合はベテランの医者を呼び出すことになる。しかし夜のことなので、酒を飲んでしまっていることもある。そうなるとお手上げだ。病院をたらいまわしにされているうちに死んでしまったという話をよく聞くが、それはこうした事情によるのであることもあるらしい。

自分の身は可愛いし、病院としてもミスによって名前に傷がつくのを恐れる。経験の浅い医師が、難しいケースの多い救急患者を診るのだから、患者を救えないこともあるし、失敗やミスも多いという。自信がないままに診て死なせてしまったら寝覚めは悪いし、家族に訴えられることもある。それは困るというもので、医者としての信念もへったくれもない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当

記事を読む

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患

記事を読む

no image

研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省

記事を読む

no image

大学病院教授は給料が安いからアルバイトで稼ぎまくるらしい

助手になったところで月給は四十〜五十万円、助手になれなければ何年いても研修医並みの十四〜十五万円程度

記事を読む

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇

記事を読む

no image

病棟での実習で医学教育の欠点がさらけ出されるという話

社会と医療には親密な関係があるにもかかわらず、それに興味を持つことは、医者として邪道であり、あくまで

記事を読む

no image

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していなが

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

no image

医者に必要な能力は少ないが親切な場合には気をつける

親切で能力のない医者につかまらないための提案を、いくつかしたいと思います。 ・患者離れがいいか

記事を読む

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑